Your SEO optimized title
仕事の悩み

仕事を辞めたいけど言えない理由は何か【2019年版】上司が怖くてもすぐに辞めれる方法紹介!

仕事を辞めたくて悩んでいsる

今回は、仕事をやめたいけどなかなか上司に言えない場合の対処方法を紹介します。

「職場の人間関係が苦痛すぎる…。」

「サザエさんの時間になると悲しくなってくる。」

それぞれ事情はあるかと思いますが、
「仕事を辞めたい」と思った事のある人は多いのではないでしょうか。

ですがその一方で、「辞めたいのに辞められない」という人もかなり多いのでは、と感じています。

もし、仮にあなたがそのうちの一人だとしたら、
一体なぜ「辞める」ということを周囲に切り出すことが出来ずにいるのでしょうか。

その原因と、それに対してどうやって向き合えばいいのか、一緒に考えてみましょう。

辞めたいと言えない原因

やめたいけど言えない原因は、「仕事環境」ですよね。

当たり前ですが。

もうちょっと細分化してみます。

辞めたいと言えない原因を以下に挙げてみます!
おそらくほとんどの人が当てはまるのではないでしょうか?

人手不足で今自分が抜けるとまずいと思うから

結論を言うと、気にする必要は全くありません。

「いつも人手が足りておらず、辞めると周囲に迷惑がかかる」と言う方は結構いらっしゃいます。

私自身、そういう話を聞くと「優し過ぎる人だなぁ」と感じてしまいます。

確かに、退職者が出るとその穴は誰かが埋めなくてはいけません。

事務的な手続きも必要になり、その業務を行うための稼働が必要にもなります。

ですが、そもそも人手不足の状況は経営者もしくはそのチームの上長に責任があります。

大概、「人手が足りない」と言う組織は思考が停止しています。

追加人員の確保もしくは、業務効率の向上が必要なはずなのに
その為の行動は全くしていなかったりします。

「資金を考えるとどちらもこれ以上は無理だ」と言う経営者もいますが、
それはビジネスモデルが弱いということに早く気づくべきだと思います。

いずれにせよ、人手不足は退職希望者が考えるべき問題ではありません。

上司が怖いから切り出せない

話しかけただけで威圧してくる高圧的な上司っていますよね。

私もそういう人は苦手なので、そのせいでなかなか退職の意思を切り出せない気持ちはわかります。

ですが、考えてもみてください。

もし、そのまま働き続けていたとしたら、その上司とはずっと一緒です。

転勤や異動といったことでもない限り、どちらかが辞めない限り関係は続くわけです。

ですが、退職が叶えばその人とは一切関わらない事が出来ます。

確かに退職を切り出す時は一喝入るでしょうが、トータルで関わる時間を考えると
嫌な想いをする時間はグッと少なくなるはずです。

と言いつつも、それができないのであれば、退職代行サービスを利用しましょう!

 

今話題の退職代行がおすすめ!

関連記事

退職代行サービスの内容と料金は?100%退職できる方法!

周りからの噂が嫌で退職を言えない

無視が一番効果的です。
うわさ話が好きな人というのはどこにでもいますね。

個人的にはそういう人達のことは「暇な人だなぁ、ボーッと生きてるんだなぁ」と思っています。

自分をしっかり持って生きている人はそんな事はしませんし、何も生まれない事を知っています。

言葉は悪いですが、そういう行いをする人は「小物」です。

そういう人と関わるのは有限である人生という時間を浪費する事になります。

彼らがそうして停滞している間にあなたは次のステップを踏む出すのです。

放っておきましょう。

相手するだけ時間の無駄ですよー

家族に反対されてなかなか踏ん切りがつかない

これは一番大きな理由かもしれませんね。

あなたのことを近くで見てくれている家族は、
あなた以上にあなたのことを知ってくれていることも多々あります。

助言にはしっかりと耳を傾けるべきです。

そのうえでしっかりと想いを伝える努力をしてください。

必ず理解を示してくれるはずです。

もし理解が得られないようでしたら、
それはあなたの想いに、まだ迷いや甘さといったものがあるのかもしれません。

もう一度、自分の心と向き合ってみましょう。

辞めるために必要なこと

人で不足は気にしない!
上司がどうしても怖いなら退職代行を利用!
周りの噂は無視すること!
家族はあなたを心配しているだけ!自分を守れるのはあなただけ!

仕事を辞めてはいけない決まりはない

理由は様々ですが、辞めたいのにそれを切り出せない。

その気持ちはよくわかります。

ですが、「仕事を辞めてはいけない決まりはない」というのも事実です。

日本に生きているあなたは幸せです。

あなたには「選択の自由」が与えられています。

わざわざ自分からその自由を手放す必要がどこにあるでしょうか。

もちろん、自由な選択には責任が伴いますが、それさせ果たせれば何も遠慮する必要はありません。

その自由はあなたに与えられた立派な「権利」です。

どうか、後悔をしないような選択をしてください。

あなたの人生はあなたにしか生きられないのです。

円満退社のコツとトラブル回避術

退職する意思が決まれば、やるべきことはおのずと見えてきます。

ひとつひとつ丁寧にクリアしていきましょう。

退職する者と残される者、お互い人間ですから、できれば円満に退職したいものです。

細かく言えばキリがありませんが、大切なのは「義理を通す」という事になるのではないでしょうか。

退職にまつわるトラブルの原因として、「退職者の不義理」があります。

例えば、「急に連絡がつかなくなり出社しなくなった」
「業務についてなんの引継ぎも行わなかった」などです。

いくら辞める身とはいえ、これではあまりにも身勝手な行動だと思います。

一時だったとはいえ、雇用してくれ生活を支えてくれた職場です。

最低限の礼儀は忘れないようにしましょう。

なかには、こちらがキチンとした態度で臨もうとしているにも関わらず、
職場サイドがそれを果たそうとしてくれない場合もあります。

そうした時は感情的にならず、職場側に非があることを示すものを残すようにしてください。

具体的には会話や電話音声の録音、メールや文書の保存などです。

のちのち大きなトラブルに発展する可能性もゼロではありません。

自己防衛として出来る限りのことをしておきましょう。

とはいえ、キチンと筋を通せば何事もなく退職になることがほとんどです。
上司や同僚など、関わった人達へ社会人としての礼儀を果たすことに注力しましょう。

でも無理は禁物ですよー!自分の体が第一で礼儀は後回しでOK!

退職願を出すタイミング

退職願を出す前に、できれば一度上長へ退職を考えている事を相談しましょう。

会社は基本的に社員に辞めてほしくはありません。

何に不満やストレスを感じ、退職を考えるまでになったのか。

相談することで状況が改善することも少なくありません。

それでも退職の意思が変わらない場合、退職願の提出を考えましょう。
きわめて重要な話題ですので、できれば上長の時間に余裕がある時、

直接渡すことで意思を伝えるようにしましょう。

退職の伝え方

厳密に言うと、退職願の提出は義務でありません。

退職に関しては、本人の意思さえ示されればその手段はなんでも良いことになっています。

退職願や口頭、電話、メールなど様々な手段が考えられますが、
円満退社の項で触れた通り、「義理を通す」ことが必要です。

その時の状況や、本人との関係性にもよるので一概には言えませんが、
礼儀を欠いた行動にならないような手段を取りましょう。

なんの為の仕事か一度考えてみる必要がある

仕事を辞めたいのに、色々なことが気になってしまうという人の肩が少しでも軽くなれば幸いです。

それでも迷いがあるのなら、なんの為の仕事なのかを考えてみてください。

その仕事はあなたの人生のプラスになっているでしょうか?

正直言うと、さっさと辞めて転職したほうが有意義な人生を過ごせるということです!

いつまでも辞めれないのは時間の無駄!

さあ、転職しましょう!!!

退職代行とサービス
退職代行アルマジロのサービスの内容と料金は?100%退職できる方法!最近話題になっている退職代行サービス!気になる退職代行サービスの不安や疑問にお答えします!...
中途採用はリクナビNEXTがおすすめ!特徴と評判をまとめてみた!中途採用ならリクナビNEXT 中途採用で転職を考えている人の中にはどの転職サイトが良いのか判らないという方も多いと思います。 ...
仕事を休みたい!理由はシンプルにする事が重要!具体的に言わないように!仕事が辛くて休みたいと思ったら休みましょう。しかし、休む理由や迷惑を考えると休みにくいと思うでしょう。そこで、休みを取りやすい方法を教えます。...
ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。