Your SEO optimized title
転職

【もじもじ君必見!】退職を言えない原因と対処方法があります

退職を言えなくて悩んでいる

退職を言いたいけど、なかなか言い出せない人っていますよね。

私も初めて転職したときには同じ思いをしました。

なんというか、、、罪悪感があるっていう感じですよね。

そして、以下のような状況になっていないでしょうか?

いつまでも言えない状況って
  • 明日言おうかな
  • 今日は遅くなったし来週言おうかな
  • 直接言いづらいな

こうなってしまうと、いつまでたっても辞めれないし、物事が何も先に進みません。

そうならないためにも、「なんで自分は言えないのか」「言うためにはどうしたらいいのか」を自分自身を見つめなおして考える必要があります。

この記事でわかること
  1. 退職を言えない理由
  2. 退職を言えない人の特徴
  3. 退職を言おうと決意したら注意したいこと
  4. どうしても言えない場合の最終手段

退職を言えない人は本記事を参考にされてください。

いつまでも悩んでいるだけでは時間がもったいないです。

退職を言えると得られるもの
  • 気分がすっきりし笑顔になれる
  • 気持ちに余裕ができて、何事もうまくいく
  • 朝、会社への足取りが軽くなる
  • 転職の準備に取り掛かれる
  • 仕事の負荷が減る

このような良いことばかりが起こります。

退職を言えない理由とは

退職を言えない理由は、上司が怖かったり、周りが忙しくてとても言える雰囲気ではない状況だったりと様々あるでしょう。

でも、いずれは辞めなければならないので、覚悟を決めないといけない日は必ず来ます。

まずは、自分自身の置かれている環境や心境を見直すことから始めましょう。

退職を言えないのは、怒られるのが怖いから

俗にいうブラック上司が相手の場合は、「何か嫌なことを言われそう」「怒鳴られそう」と思ってしまいます。

でも、意外とそういうケースは少ないんです。

いくらブラックな上司でも、部下を失うということは組織の業務を進めていくためには結構な痛手になってしまいます。

といことは当然ブラック上司は、あなたを説得しようとします。

また、人を説得するのに怒ったり怒鳴ったりする人っていませんよね?

つまり、相手がいくらブラックな上司でも、怒られる確率は低いということです。

人手不足による罪悪感

これも気にする必要はありません。

はっきり言って、あなた一人が辞めたからといって、会社はつぶれません。

組織とはそのようにできています。

それで潰れるようであれば、そこまでの企業だったということです。

そこまであなたが考える必要はありません。

自分の人生なんだから、自分の時間を会社に奪われるような考え方は改めましょう。

周りに止められるのが嫌だから

辞めるという噂が広まると、人によっては説得したりしてきます。

しかし、そのような人間は限られてきます。

  • 自分が仕事を引き継ぐ相手
  • 変な仲間意識が強い人間

大体この2つのパターンです。

周り全員が、あなたの退職を止めに入るのはまず無いです。

だから、そこまで周りを意識する必要はありません。

次の就職先が決まっていないから言えない

次の就職先が決まっていないと言えませんよね。

というか、ちゃんと転職先を決めるまでは言ってはいけません。※特別な事情が無い限り

私の後輩に、このような人がいました。

転職先を決めないまま上司に退職願いを出して、周りにも「俺はもうすぐ退職する」と言いふらした挙句、転職先が決まらなかったため「退職届を無かったことにしてください」と上司に相談する人がいました。

こうなってしまうと、その人の将来の出世の道は厳しくなり、周りからの風当たりも強くなってしまいます。

そもそも格好悪いですよね。

こうならないためにも、転職先の内定をもらった後に、上司に退職の旨を伝える必要があります。

楽な仕事で給料が高い仕事28種類!【辛くなったらこの職業やってみよう!】楽な仕事につきたい。休みが多い仕事をしたい!でも収入はできるだけ落としたくない!そんな贅沢なあなたにおすすめする職業を紹介します。...

退職を言えない人はこんな人

退職を言えない環境もありますが、自分自身の性格も関係しているんですよね。

面倒なことは後回しにしてしまう癖があったり、精神的な持病を持っている人とそういった傾向があります。

面倒な事は何でも後回しにしてしまう人

面倒な事を後回しにしてしまう人は、退職を決意しても、いつまでたっても伝えないという傾向があります。

この習慣は、仕事をする上でもよくないので、今すぐ考え方を改めましょう。

適応障害で退職を言えない人もいる

持病持ちで、言えない人も多くいると思います。

それは仕方ないことなので、本記事最後に記載している「退職代行サービス」を利用すると全てが解決します。

少しお金はかかりますが、いつまでも悩んで失うものを考えれば安い買い物だと思います。

退職を言おうと決意した人が注意したいこと

いざ退職届を出して上司に言おう!と決意した時に、ちょっとした注意点というかアドバイスがあります。

最後まで周囲の人間関係を良好に保つ方法と、上司に辞めたいと言いやすくする方法を紹介したいと思います。

最後まで人間関係を良好に保つ方法

人の噂はどんどん広がっていくと、ある事ないこと言われたりして、最終的には全く違った内容になってしまう場合があります。

ここで言いたいのは、例えばあなたがスキルアップをするために退職する理由が、噂が広まっていくうちに「仕事ができなかったから」という噂になってしまう可能性があるということです。

変な噂をされては、あまりいい気分ではないと思います。

そうならないためにも、自分が退職するという旨を一人一人と会話する必要があります。

全員とはいいませんが、できるだけ多いほうが良いですね。

そうすることで、自分の気持ちが相手に直接伝わり、変な噂が流れることもないでしょう。

むしろ仲間だったら応援してくれることでしょう。

辞めたいと言いやすくする方法

上司に辞めたいと言いやすくする方法、行動に移せる方法を紹介します。

退職届を書いてしまう

退職届を書いて、後戻りできない状況を心理的に作ってしまうと言わざるをえない状況になります。

また、書いて自分自身に退職することを宣言することで、行動に移しやすくなります。

転職先の内定をもらう

もう物理的に退職を伝えなければならない状況を作ってしまうと、行動しないといけません。

もしそれでも「伝えれない」「上司と会話したくない」という人には最終手段があります。

自分の業務の引継ぎは確実におこなう

常識ですが、自分の業務は必ず後任者に確実に引き継ぎましょう。

退職が決まった後は、仕事が適当になりがちです。

周囲に迷惑をかけないためにも、業務を確実に引き継ぐことがケジメです。

有給消化は、できるだけ全て消化しよう

有給消化せずに、最後のさいごまで出社する人がまれにいますが、残りの有給はすべて使うべきです。

早めに直属の上司に退職することを伝えて、上司と相談したうえで有給消化日を決定しましょう。

もし、会社がわから「有給の使用は認めない」と言われても、気にする必要はありません。

計画的に有給を消化していきましょう。

 

どうしても退職を言えなかったら退職代行サービスも利用するべき

退職を言えない場合の最終手段です。

この方法は、あなたは何もせずに退職を成立させる方法です。(必要書類や郵送はしないといけません)

退職代行サービス。知ってます?

今テレビでも結構話題になっているやつです。

これかなりおすすめなサービスです。退職するときの、あなたの精神ダメージはほぼ0ですから。

退職代行サービスを利用すると
  1. 退職時の精神的負担が0になる
  2. 嫌いな上司と顔を合わせなくて済む
  3. 周りからこそこそされることがない

 

退職代行とサービス
退職代行アルマジロのサービスの内容と料金は?100%退職できる方法!最近話題になっている退職代行サービス!気になる退職代行サービスの不安や疑問にお答えします!...

仕事を辞める勇気を持つことが大事

色々と解説してきましたが、最後に勇気を出すのは自分です。

言ったからといって、別に死ぬわけじゃありません。

「来月いっぱいで退職させていただきます」と上司に言うだけです。

企業は、あなたの退職を拒否する権利はありません。

だから大丈夫!

そして、どうしても勇気が持てないのであれば「退職代行サービス」を利用しましょう。

 

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。