Your SEO optimized title
業務知識

部下に慕われるリーダーや上司は出世できないのか?リーダーの役割とは!?

『良い人に限って辞めていく』『あの人は良い人だ。出世して組織を変えてもらいたい』そんな経験ありませんか?

たまねぎ
たまねぎ
こんにちは!管理人のたまねぎです。

良い人に限って出世できないというのは本当でしょうか?

そもそも『良い人』『慕われる人』とは何でしょうか?

尊敬できる人/良い人は出世できないのか?

一概にそうとは言い切れないでしょう。

仕事がデキる、指導が的確、ミスをしたら厳しく叱られるがフォローまでちゃんと面倒を見てくれる、人間的に尊敬できる、上層部の指示を噛み砕いて説明してくれるなど、そういう仕事上の理由で慕われる人は、出世できると思います。

とくに、「上層部の指示を噛み砕いて説明してくれる」は、大切です。

一般的に、上層部の無茶な方向転換やノルマの押し付けや、理不尽と思えることに対して、部下と一緒になって憤慨してくれる上司や先輩は、「我々の気持ちがわかる人だ」と慕われますが、会社の方針に反しているわけですから、出世できません。

むしろ、会社側からしてみれば『反乱分子』的な存在です。

上層部の指示というのは、会社の利益に直接繋がってくる案件が多いものです。

したがって、組織をマネジメントする立場としては失格です。

かといって、上から下へストレートに「会社の命令だからやれ!」では、当然部下に慕われるわけなく、また成果も上がりませんから、上層部からも認められません。

そうではなく、「なぜ、今、会社はこうしようとしているのか」をちゃんと説明し、部下に納得させる事ができる。

更に、モチベーションを下げることなく、一見理不尽とも思えるような無茶なことにも、部下の心を動かして仕事に向かわせるようなことのできる人は、出世します。

 

ゴマすりしても出世しない

ゴマすりがうまい人で、大きく出世をした人は見た事ありません。

どこの職場にも、必ず1人はいるゴマすり君。

上司に取り入るのが上手い人は、確かに出世もするかもしれませんが、それは仕事が同じようにデキる人を比べた場合に、です。

仕事も出来ないのにゴマすりみたいなことをしてるばかりの人は、出世などするわけがありません。

また、部下から見たら「この人、上司に取り入るのが上手いな」と思ったとしても、それはその人の一面であって、こっちでは取り入りつつも、こっちでは毅然と自分の主張を通していたりするものです。

上司に取り入っているようで、実は上司すら掌の上で転がしているような、そんな人が出世するのです。

リーダーの役割とは

部下を説得し納得させる

結論から言うと、リーダーの役割とは『部下を説得し納得させる』ということです。

筆者は、現場のリーダーになりたての頃よく言われたのが『リーダーは嫌われてなんぼ』ということです。

今考えると、それは部下を納得させずに力で押さえつけて強制的に仕事をやらせるという事でした。

仕事が嫌になり辞めていく者、うつ病になり休職する者、現場作業員のボイコットなどがあり組織として完全にまとまっていない状態でした。

しかし、現在の世界トップレベルの企業では、こういったやり方は求められていません。

また、いかにして従業員が働きやすい環境が求められている時代です。

会社としても、多少の理不尽は承知で施策を打ち出します。

管理職や現場の人間は、その要求に対していかにして柔軟に対応していくかが重要なのです。

人を動かす力が必要

人を動かす力。

それは部下を動かす力だけではなく、上司やその他関連部門をも動かす力が必要になってきます。

組織のリーダーの役割の1つに、少し言い方悪いかもしれませんが『人を使ってなんぼ』という役割があります。

人を動かす事がリーダーの主業務であり、これができなければ、組織として成果をあげることは難しいでしょう。

木を見て森を見ず

この、ことわざをご存知でしょうか?

『木を見て森を見ず』とは、木に気を取られて森が見えない。

つまり、目の前の事に気を取られすぎて、全体像を把握できていない事を言います。

良い言葉ではありません。

組織のリーダーは、常に全体像を把握しておく必要があります。

しかし筆者は、この言葉が全て正しいとは考えていません。

何故かというと、目の前の細かい出来事にも気を配らないと、後々それが大きな問題となってしまうからです。

筆者は、これを鵜呑みにしてしまったがために、大きなトラブルに巻き込まれた経験があります。

じゃあどうすればよいかと言うと、『全部見ろ』という事です(笑)

ただ、常に全部見るのは不可能に近いです。

ある程度、期間を設けて全部見ていくのが理想だと考えます

というか今現在、実際にルーティン業務としてやっている事です。

部下の仕事の遅れや、フォローアップ等をおこなえるため、メリットはかなり大きいです。

まとめ

『慕われる上司』とは、部下がどう組織の事を考えているか、部下をどう納得させているかで変わってきます。

結論としては、出世できるということになります。

ここで書いた、『リーダーの役割』とは、実はほんの一部で、まだまだ沢山あります。

自分の出世のためにも、部下をしっかりと教育し納得させて、組織を動かせる人材を目指しましょう。

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。