Your SEO optimized title
パート

主婦が仕事を両立させるための7つの方法!

主婦が仕事を両立させる

2019年現在、働き方改革のせいなのかわかりませんが、仕事において女性管理職の登用等の女性が活躍できる企業が随分増えてきたと感じています。

筆者が勤める企業でも、女性管理職はもちろんのこと、主婦層が活躍できる職場づくりが加速しています。

これは、今後の少子高齢化により、人材確保が厳しくなった時の事や離職率に歯止めをかけるといった施策があると考察しています。

しかしながら、子育てと家事(まとめて家庭)と仕事の両立というのは、男性よりも過酷な環境にあると思います。

男といったら、飲み会だのゴルフだの言って、すぐに外出して気晴らしをしていますよね。

しかし、働く女性はそうはいきません。

仕事が終われば保育園(こども園)に子供を迎えに行き、スーパーで食材を購入して、帰ったら風呂と食事の準備が待っています。

後片付けや子供の寝かしつけや翌日の準備と大変すぎでしょ!

家庭と仕事の両立って体がボロボロになるんじゃないの!?と傍からみているとそう思ってしまいます。

でも実際には、健康体で両立されてる方はたくさんいます。

たまねぎ
たまねぎ
ちなみに筆者は家庭持ちの夫ですが、部下には約10人の主婦さん達がいます。それなりに主婦さんに対しての理解力はありますよ!

今回は、そんな部下達から聞いた両立するためのノウハウを紹介していきたいと思います。




主婦が仕事と家庭を両立させるのは可能か?

結論から言うと可能です。

でも、体も精神もズタボロになるんじゃないの?と思われそうですが、ちょっとしたコツさえ掴んでしまえば何とかなるんです。

主婦
主婦
できない人もいますよ!
たまねぎ
たまねぎ
そうですね。中には仕方無い事情で本当に両立できない人もいます。

でも、特別な事情がない限り、できるんです。

仕事を両立させる7つの方法

じゃあどうやったら両立できるのか?

答えをザックリ言うと、仕事内容と時間の使い方がポイントとなります。

そんなの当たり前だしわかってるよ!という声が聞こえてきそうですが、

主婦
主婦
当たり前ですよ!
たまねぎ
たまねぎ
でも、両立できない人ってその辺を実行できていないんですね。

なので一度、自分の生活スタイルを見直してみる必要があるというわけです。

実行すべき事をもう少し詳しくして明確化してみました。

仕事選びが肝心

主婦に立ち仕事はキツイ!座ってする仕事がベスト!これは多くの主婦達の声にもありました。

実際、私の部下(主婦)の半数以上は立ち仕事です(笑)

主婦
主婦
いやいやきついし!週末は休みます!

と、さすがに疲労を隠せず休む方もいらっしゃいます。

ホワイトな私は心良く休みをあげますが(笑)本人は周りへの気遣いもあり、逆に休む事でストレスを抱えるパターンもよく見かけます。

立ち仕事で両立は可能ですが、楽に休みたいのであれば、初めから座った仕事がいいですよね。

家事は手抜きする

いかに手抜き家事をするかもポイントです。

主婦
主婦
家にいると、ほとんどの時間を家事に取られてしまいます。

要は、要点を押さえていれば問題ないんですよね!

例えば、毎日かけていた掃除機を週に2回にするとか。

昼間は家空けてるんだから、そんなによごれませんよね。

他には、洗濯機を回す頻度を下げるとか。
下着を沢山買っておけば、平日に洗濯機回さなくてもすみますね。

ザックリした例ですが、「やらない」のではなく「減らす」という意識を持って家事をやって行く事もポイントです。

memo:「やらない」のではなく「減らす」
たまねぎ
たまねぎ
ちょっと適当でも、本当にやらなければならない事をしっかりとやっていればオッケー!

夫の協力を得る

男は単純なので、適当に持ち上げてあげれば動きます。

できたら褒めてあげましょう。

使いようによっては、家の事全部やってくれます。

たまねぎ
たまねぎ
ちなみに私がそうです。週の半分は全部やってます(笑)
memo:夫はほめて使う!

褒めて承認欲求を満たしてあげて、「あなたが必要」という事を伝えれば大体動くので試してみてください。

仕事で周りの理解を得る

主婦が仕事をやっていく中での悩みで、子供の体調不良による休暇が発生することです。

主婦
主婦
保育園に預けだした途端に病気ばかり(泣)

まだ休めるのならいいのですが、有給を全て使い切ってしまうパターンも結構あるんですよね。

それくらいの休みが発生するということで、周りに迷惑をかけているとか思ったりする人も結構います。

なので、周りの理解を得ることが必要となります。

たまねぎ
たまねぎ
私は理解しています!

そこで、理解を得る為に手っ取り早い方法があるのですが、それは主婦層が多い職場に就職することです。

理解を得るよりも、理解がある職場で仕事をするということです。

主婦
主婦
そういう職場ば気楽でいいですよ!

主婦が多い職場であれば、主婦特有の悩みは共有されているので、気兼ねなく休むことができます。

memo:主婦へ理解のある職場を選ぶ!

週末の時間を有効活用する

平日にやっていたことを、週末の休みでまとめてやるという方法もあります。

たとえば、毎日の買いもの。週末に買い溜めできるものは買い溜めしておいて、平日で使い切るなどの工夫も可能。

主婦
主婦
大型スーパーで買いだめじゃー!

毎日買い物は本当に面倒!

いかに平日に楽をするかを考えて行動すると、負担が少なくて済みます。

時間の無駄を省く

とにかく時間の無駄を省く!時間の無駄を省いて自分の時間を作ることに専念しましょう。

上記で紹介した手抜きや週末テクニックも同様ですが、やることは必要最低限で済ませてしまいましょう。

主婦
主婦
吹き出しの内容 やっぱり自分の時間は毎日確保したいものですよね。
memo:時間の無駄を徹底的に排除する!

朝方の生活をする

朝早く起きることで、1日のスケジュール段取りがスムーズになります。

たまねぎ
たまねぎ
眠そうですが、、、
主婦
主婦
早く寝ればいいんですよ!

これには、睡眠時間を確保するためにもある程度早く就寝することが必要です。

睡眠不足になると、全ての事が非効率になってしまいますので、睡眠時間の確保はしっかりとおこないましょう。

そして、朝食をしっかりと取り、朝日を浴びれば体にスイッチが入ります。

晴れていなくても、窓から光を浴びる事はできますよね。

主婦
主婦
1日を元気に過ごせる方法の1つですよ!
memo:夜は23時就寝!朝は6時起床!
両立する7つの方法まとめ
  1. できるだけ負担の少ない仕事を選ぶ
  2. 家事は手抜きする
  3. 夫をうまく使って家事をこなす
  4. 仕事は主婦の理解を得れる職場を選ぶ
  5. 週末の時間を有効活用する
  6. 時間の無駄を省く
  7. 朝方の生活をする

子供を保育園に預けるのが心配

お子さんがいる場合、親に預けれればそれがベストですが、なかなか毎日預けれる人は少ないですよね。

なので、保育園に預けるという事はマストとして考えておくべきです。

まだ子供が小さいから預ける事に抵抗がある方は沢山いらっしゃいますが、何日か預けると子供も親も慣れていきます。

主婦
主婦
初めは子供が可愛そうで辛かった!でも3日後には楽しく遊んでいましたよ!
たまねぎ
たまねぎ
やっぱ保育士さんはプロですね!

ちなみに、私は保育園送迎担当でした!

現在は小学生なので送迎はしていませんが、保育士さんはその道のプロです。

うちの子は人見知りが激しいのですが、ちゃんとフォローそていてくれて、あっという間に馴染むことができました!

初めは子供が嫌がったり親としても心配ですが、家で愛情をたっぷりと注いであげれば問題ありません。

memo:自尊心を育ててあげよう!

正社員とパートはどっちがいい?

答えはありませんが、自分のライフスタイルに合った仕事を見つけるべきです。

もう少し具体的に言うと、何を優先するかです。

お金とやりがいを優先するなら正社員

元々、正社員として働いていたキャリアや資格を持っていれば就職するにあたって条件は有利になります。

また、ほとんどの人が共働きになると思うので、お金の面で困ることはまずありませんね。

将来のキャリアアップも望めるため、やりがいもありますよね。

デメリットとしては、誰かの協力無しでは残業はできません。

やはりフルタイムだと、時間の制約が厳しくなってくるので、その辺もしっかりと考慮して選びましょう。

私が勤める企業は、福利厚生の充実や企業の経営方針が公務員並みに安定感があるため全ての主婦層が正社員です。

主婦
主婦
雇用が安定している大企業で働くというのもおすすめです!

時間を優先するならパート

比較的に労働時間が4〜6時間と短いため、時間の融通が利きます。

保育園の場所が遠かったりすると、迎えの時間を気にしないといけないため、そういう人はパートが向いています。

また、求人数も膨大なため、探すのにもさほど苦労はしないでしょう。

関連記事

パート辞めたい!主婦におすすめのパートや悩み一覧!

主婦のパートが楽しいと思うおすすめ職種と特徴について!

お金も時間もほしい

どちらも優先したいのであれば派遣社員か契約社員がおすすめです。

月給でいえば正社員にも匹敵する額を稼ぐことができます。

また、労働時間についても契約時に自分の希望時間を掲示して調整してもらえば問題ありません。

但し、地方では求人数がちょっと少なめかもしれません。

もし地方であれば、工場系の派遣社員を狙ってみるのもいいかもしれません。

関連記事

派遣社員の年収はいくら?正社員と比較してその実態を調査してみた!

仕事を探す方法おすすめ3選

①ハローワークであればマルチで様々な仕事が探せます。

私も一度だけハローワークで仕事を探したことがあるのですが、将来のキャリア形成などについてもアドバイスをくれて(若かったからかな?)とても親切に対応していただけました。

②次の探す方は、転職サイトに登録して探す方法です。

この転職サイトのメリットは無料で使用できて手軽に転職ができるということ。

スマホで簡単にできるんです。

今すぐ就職する気がなくても、登録さえしておけば求人を常にストックしておくことができる優れもの。

自動配信なので変な勧誘が来ることもありません。

関連記事

パートで育休、産休は取得可能!育休手当も貰える!休みやすい職種5選

③最後に、転職エージェントというサイトも紹介しておきます。

これは完全にフルタイム正社員向けです。

転職エージェントとは、転職サイト同様に無料で登録ができ、あなた専属のアドバイザーが付きます。

具体的に何をやってくれるかというと、就職のお手伝いで、求人の紹介、履歴書の書き方や面接のやり方から就職後のフォローまで何から何まで手伝ってくれます。

なので、今すぐ正社員で就職したい人におすすめです。

関連記事

30歳からの未経験職への転職!転職エージェントをうまく活用しよう!

両立させる方法まとめ

まずは自分のライフスタイルを見直して整理しましょう。

次に自分に合った仕事選びです。

仕事を選ぶ際は、子育てに理解のある職場を選ぶこと。

家庭と子育てがおろそかにならないように、夫や周囲を巻き込んで仕事をすること。

最後に自分の身体を第一に考えることですね!

肉体的にも精神的にもどちらもです!

健康を害してしまうと、仕事ができない→収入無くなる→周りに心配される!

健康あってこその仕事という事を忘れないでくださいね!




ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。