page contents Your SEO optimized title page contents
転職

転職時の職務経歴書 作成方法、注意点

履歴書と職務経歴書はセットで!

こんにちは!

たまねぎです。

今回は、履歴書、職務経歴書についてです。

中途採用の場合、履歴書と職務経歴書はセットで提出するのが主流です。

履歴書は何となく書き方がわかるけど、職務経歴書って何を書くのか初めての人は疑問に思うはずです。

以下に解説していきます。

履歴書と職務経歴書の違い

簡単に言うと、履歴書は相手のプロフィールを確認するもの。

職務経歴書は、これまでの実績やスキルを確認し、自社に貢献できる人材か判断する材料となります。

中途採用の場合は、企業のほとんどが即戦力を前提に採用します。

つまり、相手がどのような人で、これまでどのようなスキルを身につけ企業に貢献してきたか分かるようにするには、履歴書と職務経歴書はセットでなければいけないのです。

履歴書の内容

履歴書は自分のプロフィールです。

以下に項目を記載します。

  • 日付
  • 写真
  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所/電話番号
  • 学歴
  • 職歴
  • 免許の有無

以上が必須項目です。

特に頭を使う必要もありません。

履歴書は基本的に定型フォーマットとなっているため、埋めてしまえば問題無いということです。

職務経歴書

ここが自分をどれだけアピールできるか重要なところです。

面接を受けるには、この書類選考をクリアしなければなりません。

職務経歴書内容

  • 職歴(具体的に)
  • 正社員or契約社員を記載していたほうが良い。重要視する会社も意外と有り。
  • 現在又は前の会社での役職。一般社員でもリーダー、主任等の役割も書いたほうが良い。
  • 退職理由ネガティブ内容避ける。できるだけ、将来を見据えた事や環境により転職せざるをえない的な内容であればマシ。)
  • 志望動機。御社で仕事をしたい!という気持ちや意気込みを込めて書く。テンプレ的な内容を書くと見抜かれるので注意!
  • 自己PR。自分のスキルがどれだけ御社に貢献できるかアピールしましょう。

以上になります。

フォーマットはネット上に参考になるものが山ほど転がっているので、自分に合った物を使用しましょう。

この職務経歴内容ですが、面接官はこれをもとに質問してきます。

突然の質問に頭が真っ白になり答えれない。

後で、ああ言えば良かった等、後悔しないようにしっかりと頭に入れておきましょう。

以下に、面接対策として事前に準備しておくべき事を2点記載します。

1.過去の実績は数値化しておく事!
2.
職務経歴書内容に対して「なぜ?」の問いで答えを考えておくこと!

以上、後はこの2点を封筒に入れて、希望の企業へ送付します。

選考を待っている間は、とにかくSPI対策を実施してください。

今ではオンラインで適正試験を実施している企業も増えてきました。

いずれにしろ、筆記試験には制限時間が設けられているため、毎日練習するに
こしたことはありません!

次回はSPI試験対策についてです。

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。