Your SEO optimized title
仕事の悩み

社風が合わない場合は転職を考えてもよし!社風が大切な理由

社風とは企業に就職しないとわからないところが多いと思います。

また、合う合わないも個人によって様々。

今回は社風が自分に合っていないと悩んでいるあなたに向けて、今後どういった動きをすればよいか解説していきます。

社風が重要な理由

そもそも社風とは何でしょうか?
企業の雰囲気?体質?そんなイメージを持っていることでしょう。

その通りで、人に例えると性格そのものです。

組織の体質や企業理念等から構成された雰囲気が社風と言ってよいでしょう。

社風とは主に会社の上層部によって作られるものです。

  • 企業方針
  • 理念、ビジョン
  • 福利厚生
  • 就業規則
  • キャリア制度
  • 年齢層
  • コンプライアンス

簡単にまとめると、この様な項目が挙げられます。

自分に合う社風を知る方法

社風を構成している項目と自己分析した結果を照らし合わせて自分に合った社風を知ることができます。

ただし、あまりガチガチに考えすぎると何がなんだかわからなくなるため、あなたの価値観を自己分析する必要があります。

具体的には、自分のキャリア、仕事の進め方などです。

全ての項目に対して満足できる社風というのはなかなかありません。
そこは現実として受け止めましょう。

本当に社風が合っていないのか考え直す

社風が合わないと言っている人の中にも、実は社風ではなく、その他の要素が合っていない場合も考えられます。

要は、社風を後付けしているかもしれないということです。

実は人間関係

働く上で一番重要な事です。気持ちよく仕事をするためにも人間関係は大切です。

いくら自分に合った仕事でも、嫌な人と仕事をするというのは苦痛の他ありません。

毎日顔を合わせるわけですからストレスも尋常ではないでしょう。

嫌な人が仕事を休んだ場合、気持ちよく仕事ができたらそれは人間関係が原因で仕事が嫌になっているという事ですね。

今の仕事が嫌い

逆に人間関係が良くても、本当は今の仕事が
嫌いというパターン。

本当は事務系の仕事をしたいのに、現場走り回って疲れきる毎日にストレスを感じる。

まぎれもなく仕事が合っていないという事ですね。

社風が合わないと思うのは中途採用に多い

新卒の場合、どこでも働いた事が無く何も知らない状態で入社するわけですから、その企業の社風があたりまえと感じてしまいます。
その分、社風が合わないという感覚は生まれにくいと考えられます。

逆に中途採用は、他の企業で経験を積んでいるわけですから社風を以前の企業と比べてしまいがちです。

体育会系が苦手

主に工場系に多い体質です。

例えば、トヨタ生産方式を導入し、声が枯れるまで叫び続けなければならない。
このような軍隊のような研修制度があります。

まさに体育会系の極みですね。

普段、コミュニケーションが苦手な人や、人前でプレゼンするのが苦手な人には向いていない社風です。

ドライな社風

主に大企業に多く見られます。ビジネスは全て数値!あたりまえですが、こういったシステマチックな組織はドライな感じです。

あまりコミュニケーションも活発ではなく、どちらかというと組織だが個人プレイが目立つ雰囲気の職場です。

元気が有り余る人には向いていない社風ですね。

過去と比べてしまう

前の会社はこうだった、ああだったと思ってしまいがち。

次の会社の社風が良かろうが悪かろうが、比較してしまうのは仕方ありません。

しかし、比較してこの先どうしたいのか?考える必要があります。

我慢していればいずれ慣れるのか?見切りをつけて次の転職先を探すのかはあなた次第です。

社風が合わない会社に入ってしまう原因

社風が合わない会社に入ってしまう原因は、当然のことながら入社前に見極めれていないというのが原因です。

さらにその原因を細分化してみました。自分に当てはまるものがないか自己分析してみましょう。

面接で見極めれていない

入社前に一番会社に近づける場面です。ここで事前に質問事項を準備できなかった場合、当然ながら社風を見抜くことはできないでしょう。
面接官の雰囲気でわかるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、あくまで面接官も一個人です。社風というのは組織によって形成されているため、面接官を見て社風を見抜くことは困難です。

リサーチ不足

転職前に企業をリサーチするのは当たり前ですが、給与や通勤時間などに視点が偏ってしまった場合にリサーチが不足しがちです。

社風が合わない状態のデメリット

社風が合わない状態で働くのはデメリットしかありません。

合わない会社はストレスになる

社風が合わないとストレスになります。ストレスというのは適度であればパフォーマンスを最大限に発揮できますが、過度なストレスが継続するとパフォーマンスは低下していきます。

最終的には病んでしまうことも考えられるため、心身共に健康な状態で働くには、社風が合った会社で働く必要があります。

合わない会社は我慢しない

会社に自分を合わせるという考え方もあるかもしれませんが、基本的に自分の性格を変えるのは不可能に近いです。性格というのは元々幼少期から形成されてきたものなので、大人になってから変えることはできません。

また、会社が自分の考え方に合わせてくれる事はありえないので、潔く転職するという道を選ぶのが妥当だと考えます。

企業の社風を見抜く方法

自分に合った社風の会社で働く重要性を認識できたと思います。
実際にどうやって社風を見抜けばよいのか以下に解説していきます。

関連記事

ブラック企業の見極め方

時短ハラスメント(ジタハラ)とは?その意味はサービス残業と一緒!

 

企業サイトの社長メッセージから感じ取る

企業サイトには必ず代表のメッセージがあります。代表の写真がガラが悪いから社風が悪いなんてことはないので、代表のメッセージをしっかり読みましょう。

一般的に良い社風のポイントを並べてみました。

  • 夢が語られている
  • 考え方が先進的である
  • お客様第一の考え方
  • 従業員ひとりひとりに対する配慮がある

中には難しいメッセージもあるので、上記まとめのようなポイントを押さえた視点で見ると見極めが効きます。

社員の写真から雰囲気を読み取る

従業員の働きぶりの写真から職場の雰囲気を想像しましょう。
しかしながら、実際に働いてみるとギャップを感じることは確実です。

仮にあなたの実際の職場と、自社のホームページを見比べてみてください。

ホームページはとても良い雰囲気で表現されていますよね。
でも実際はそうでもない。しかし、これはどこでも同様です。

その差を引き算した雰囲気を想像しましょう。

実際に面接で質問してみる

事前に、社風について質問する事項をまとめておきましょう。
冒頭で説明した、企業理念から給与までと自分が気になる細かいところまで聞きましょう。

そして、自分が納得いくまで聞くことが大切です。
うやむやな状態で選考に通っても、また社風の合わない会社に就職してしまう事になってしまいます。

会社の近くに行って外から見てみる

もし、覗くという表現はよくないですが、近くで従業員の雰囲気を見れる場所があれば見てみましょう。
望遠鏡を使うとか怪しい行動はしないでくださいね!

または、従業員の方を会話してみるのも手です。知り合いがいたら一度紹介してもらって話を聞いてみましょう。

口コミサイトを参照してみる

あまり当てになりませんが、口コミサイトも一目見ておくのも良いでしょう。
ただ、基本的にネガティブな愚痴などの内容が書き込まれているため、参考程度にとどめておきましょう。

最後の保険としてプロに相談する

プロというのは、転職エージェントのことです。
転職エージェントは、その道のプロですので、あらゆるリサーチをおこなってくれます。

しかも無料で登録できるのが非常に良いところです。

最終的にプロにお願いすることで、完璧なリサーチが可能となります。
自分でリサーチしても、どこかに抜けが生じる場合があります。

何度も転職すると、時間と労力の無駄になってしまいます。

不安を払拭するためにも、転職エージェントを活用しましょう。

おすすめの転職エージェントはこちら

おすすめ転職エージェント

これまでの内容を実践して、自分に合った社風の会社を見つけて転職を成功させましょう。

おすすめ転職サイトはこちら

おすすめ転職サイト

退職代行サービスexitの内容と料金は?100%退職できる方法!

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。