page contents Your SEO optimized title page contents
転職

製造業(精密機器、半導体)へ転職を考えている人へ!年収やメリット、デメリット紹介!

製造業ってどうなの?

製造業は、あらゆる業種の中でも最も働きやすい場所でもあります。
学歴不問が多く、スキルを身につけることができ、ある程度の収入も保証されるからです。
製造業へ転職を考えているかたへ色々と情報を提供致します。

『食べていけるのか?』『年収は?』様々な疑問にお答えします。

製造業の年収

製造業に転職を考えている方は、やはりここが1番気になるのではないでしょうか?

筆者は製造業に従事して約17年になります。

18歳の時と比べると現在の年収は約倍になっています。

20歳…210万

25歳…350万

30歳…330万

35歳…420万

現在は440万です。

30歳で年収下がっているのは転職したからです。

キャリアアップのための転職でしたが、やはり最初はそうそう高い給料はもらえず、20歳の時は1人暮らしという事もあり、極貧生活でした。

そして25歳までに年収は爆上がりしています。

半導体での技術職は給料高い

私は生産のオペレーターから技術職に業種を変えました。

年収見るとわかるように、給料全然違います。

半導体業界は請負会社や派遣社員が多くを占めています。

こういった従業員体型は入れ替わりが激しく流動が激しいのです。

つまり、長く務めていれば当然他者よりも専門知識を得る事ができ、自分の立場を有利にする事ができます。

会社側としても、一から技術者を育てるよりも経験者を育てたほうが手っ取り早いのです。

更に、半導体というのは単価と製造数がとても多いため利益を出しやすい業種でもあります。

技術系となると、その恩恵を受けやすいのです。

もし半導体への転職をかんがえているのであれば、将来のビジョンをしっかりと見据えて行しましょう。

資格や経験はいるのか?

筆者は現在、精密機器組立の職種となります。

半導体も捨てがたいのですが、大手という事もあり、キャリアアップを考え転職しました。

気になる資格や経験ですが、半導体及び精密機器組立にしろ生産系であれば何も入りません。

製造業の雰囲気は?(ちょっと裏話)

生産系となると、オペレーション等の単純作業なので学歴等はほとんど気にしなくてよいです。

つまり、言葉は悪くなりますがガラの悪い系は必ずいます。

裏話になりますが、夜勤では平気で設備の裏で寝る人も。。。(笑)

チョメチョメ的な出来事も発覚して問題になったこともあります(笑)

昼間はそんな事はなく、元気な方が多い印象です。

もし働くなら日勤をオススメします。

製造業のメリットとデメリット

メリット

1.大人数の職場が多いため休みを取りやすい。

2.学歴、経験、資格無くても就職しやすい

3.夜勤は手当てがガッツリ付く

4.様々な人と触れ合える

休みを取りやすい

やはり、1番のメリットは『休みをとりやすい』というところです。

現場は人が多くマージンを考えて作業人数を配置しています。

1人2人休んだところで生産に多大な影響が出る事はまずありません。

計画休暇を使用して長期連休も可能です。

貯金していれば海外旅行に行くことも可能ですよ!

夜勤手当がガッツリ

夜勤手当ても充実しています。

日勤と比べて月にプラス3~4万は違ってきます。

よって、ガッツリ稼ぎたい人は夜勤専属なんかもオススメです。

様々な出会いが

製造業はとにかく人が多く流動的です。

それだけに、これまで関わってきた人は軽く数千人に及びます。

これだけ人が多いと色んな人がいます。

そこでは多くの事を学ぶ事ができるため、自身の人生経験にも良い影響を与える事ができると思います。

製造業のデメリット

1.派遣切り

2.将来不安

3.夜勤で体壊す

4.現場に椅子が無い(座れない)

1番怖いのが、派遣切り

特に半導体はシリコンサイクルといって、売れ行きの変動の波があります。生産が無い場合は当然仕事はありません。

対象となるのはやはり新人やスキルが低い人。しかし、これはリーマンショック級の不景気が襲ってきた場合です。

そうならないためにも日頃から切磋琢磨していれば、問題ありません。

夜勤で睡眠サイクルが狂う

夜勤専属になると、お金は稼げますが、その代償に睡眠サイクルが狂ってしまいます。
夜眠れないということが増えたりします。

現場に椅子が無い

製造業は基本的にトヨタ生産方式や様々な革新内容を取り入れています。

つまり、全てを効率化しているため座っている暇はありません。

よって椅子が無いところが大半ではないでしょうか?

初めは脚がとてつもなく痛いです。

しかし、慣れというのはすごいもので、筆者は17年立ちっぱなしでも疲労感を感じなくなりました。

きついのは最初だけ。

まとめ

製造業というのは比較的大きな企業が多く、その恩恵を受ける事ができます。

中小企業よりは安定していると思います。

デメリットでもあったように、現状維持の状態では将来が不安になります。

何の仕事でも共通していますが、将来の目標を掲げてビジョンを明確にして行動する事が大切です。

派遣でも下請けでも、ここがしっかりしていれば、いずれ道は開けていきます。

応援しています!製造業への転職情報に役立てていただければ幸いです。

工場系の求人を探すには?

『ジョブリンク』という求人情報サイトがお勧めです。

全国の様々な派遣会社の求人情報を、
ご希望の条件で求人情報検索し、応募することができます。

「オフィスワーク・事務系」「営業・販売・サービス系」
「医療・介護・福祉系」「金融・保険系」「IT・技術・専門職系」 「製造・物流・工場・軽作業系」と、 さまざまな職種を掲載。

働き方も派遣だけでなく、
紹介予定派遣、契約社員、正社員、パート・アルバイトなどのお仕事情報も掲載しています。

詳細ページはこちら↓↓↓

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。