Your SEO optimized title
パワハラ対策

いつのまにかパワハラ経営者になっていたパターン!会社のパワハラ対策!

経営者のパワハラ
この記事は以下の人向けに書いています
  • 私は経営者だ!パワハラなんてやっていない!
  • あれ?もしかしてパワハラしてるかも!?
  • パワハラしてしまった!改善するにはどうしたらいい?
  • パワハラとは無縁(←パワハラに気づいていない)

そんな悩みを解決します。

この記事でわかること
  1. 経営者が知っておくべきパワハラの類型
  2. 業務上の指導とパワハラの境界線
  3. パワハラが会社経営に与える影響
  4. 社内のパワハラは経営者の責任

経営者、管理者とパワハラという関係は常に隣り合わせです。

経営者や管理者は、社員をあるべき方向へ導いていかなければなりません。

そして時には厳しい叱咤をすることもあるでしょう。ここが注意するべき箇所なんです。

業務上しかたなく怒ったことをパワハラと言われた。なんてこともあるのではないでしょうか?

パワハラっていつ誰がやってもおかしくない行為なんです。

社長君
社長君
でも境界線ってどうなっているの?どこからがパワハラでどこまでが指導なの?

そこも含めて今回は、経営者が知っておくべき「パワハラとは何か?」について解説していきます。

経営者が知っておくべきパワハラの類型

パワーハラスメントとは、職務上の立場などの優位性を利用して、相手に精神的苦痛を与えることです。

以下のリンク先より詳しく解説しています

関連記事

また、正社員、非正規社員、上司、部下関係なく職務上の優位性(スキル、経験など)を利用した嫌がらせ、いじめは全てパワハラに値します。

実はパワハラにも種類があって、大きく分けると以下の6つのパターンに分類されます。

パワハラ6つの類型
  1. 身体的な攻撃(直接的な暴行)
  2. 精神的な攻撃(嫌がらせ、暴言)
  3. 人間関係からの切り離し(仲間はずれ)
  4. 過大な要求(明らかに処理能力以上の仕事を押し付ける)
  5. 過小な要求(仕事を与えない、ひたすら単純作業)
  6. 個の侵害(プライベートに突っ込んでくる)

これは 厚生労働省のHPにも謳われている内容です。
①~③はわかりやすいパワハラですが、④~⑥はなかなか線引きが難しい部分もあります。

特に④、⑤は企業の経営状況によってどうしても発生してしまう場合もありますよね。

よって、その職場で指導の範囲というのを明確にしておく必要性があります。

業務上の指導とパワハラの境界線

指導とは、社員の成長を促す支持であり、自己の目的達成のための言動はパワハラとなる恐れがあります。

例えば、高所作業でヘルメットをしていない作業員がいたとします。

それを発見した現場の監督者が「バカヤロウ!死にてえのか!」と怒鳴ったとします。

これはパワハラに該当しません。

なぜなら、従業員の安全を守るという理念のもとでおこなった発言だからです。

次の例は、昼休憩時に上司が部下に対して弁当を買って来いと言ったとします。

部下が弁当を買って帰ってきた際に「バカヤロウ!おせえじゃねぇか!」と怒鳴りました。

これは立派なパワハラです。

職務上の立場を利用して、業務に関係ないことをさせた上に精神的苦痛を与えたからです。

これが例え業務上の都合であっても、自己の利益につながるような事象であればパワハラに当たります。

つまり、倫理的な指導というのがパワハラとの境界線と言えるでしょう。

パワハラが会社経営に与える影響

経営者のパワハラは、一般社員がおこなうパワハラと比べて責任の重さが全く違います。

経営者は以下の責任を問われます。

  1. 経営責任
  2. 法的責任

パワハラと経営責任の関係

経営者がパワハラをおこない、それが外部に漏れると企業価値の低下につながります。

現代社会ではSNSなどのコミュニケーションツールが発達しているため、こういったネガティブな情報は一気に広まります。

また信頼を失ってしまうと、取り戻すまでに膨大な時間がかかってしまい経営危機問題に発展しかねません。

パワハラと法的責任の関係

経営者がパワハラをすると、訴えられて多額の損害賠償を払わなければならないというリスクがあります。

経営者のパワハラにより社員がうつ病や自殺といったことになってしまうと、その遺族が会社を訴えるでしょう。

そして、裁判により労災と認められたら損害賠償を払わなければなりません。

こういった大きなリスクを伴ってしまうため、今一度自分の行動を見直してみるべきです。

社内のパワハラは経営者の責任

経営者というのは様々な責任を負わなければならない立場にあります。

一見、経営者と聞くと華やかなイメージがありすますが実際には大変なことだらけで様々なリスクを背負わなければなりませんよね。

例え、経営者がパワハラをおこなっていなくても、管理職含む部下がパワハラをおこなっていたらそれは管理できていない経営者の責任なのです。

経営者自身に必要なパワハラ対策

当たり前ですが、パワハラをしないことです。

パワハラをしないためには、経営者自ら「パワハラ撲滅」を宣言しましょう。

宣言することで、経営者自身パワハラをしないという意識が芽生えます。

コンプライアンスを遵守するという社風を作っていくことで、社内のパワハラも減っていくでしょう。

そして、そういう風紀を会社内に作っていきましょう。

よって、会社からパワハラを無くすには経営者自らの意識改革が必要なのです。

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。