Your SEO optimized title
パート

パートとバイトの違いを詳細に解説!あなたに合うのはどっち?

パートとバイトは、よく2つ並んで書かれていることも多く、なんとなくで受け止めている場合がほとんどです。

働き方や待遇が違うの?と疑問に感じると思うので、詳細なパートとバイトの違いやそれぞれのメリットデメリットをお伝えするので、参考にしてみてください。

パートとバイトの一般的なイメージ

  • バイト → 独身、副業、若者層が働くイメージ
  • パート → 主婦層や女性が働くというイメージ

世間一般のパートのイメージは30代以降の主婦層が中心で、 バイトのイメージは10代や20代の学生が中心と思われがちです。
ですが、実際は何の違いもありません。

それでは何故呼び方が違うのでしょうか?

パートとバイトの違い

労働基準法で言えば、パートもバイトもパートタイム労働法では区別されているわけではなく、同じです。
基本的にパートやバイトは、勤務している時間が短いので、短時間労働者とも呼ばれますが、明確に分かれてはいません。

何故パートとバイトという言葉があるのか、というと、会社側の都合です。

例えば、短気なのか長期なのか、若い世代が中心の職場なのか落ち着いた年代が中心の職場なのかなど、会社側が望む労働者のイメージでパートやバイトと分けて使っています。

本来で言えば、パートもバイトも短時間労働者なので、実は求人に書かれているパートやバイトという言葉には明確な区別がないわけです。

ただ、30代の主婦がバイト募集をしている10代後半から20代前半がメインに働いている会社に応募しても、なかなか採用されないかもしれません。

なので、パートやバイトというのは自分を選んでもらいやすいかどうかの判断材料なのです。

自分に合う仕事というのはなかなか探すのは難しいかもしれませんが、わずかな違いでも知っているだけでだいぶ違いますよね。



パートタイマーとアルバイトの定義

パートタイム労働者とは、1週間の所定労働時間が、同じ事業所に雇用されている正社員と比べて短い労働者をいいます(パートタイム労働法では、「短時間労働者」といいます)。

「パートタイマー」や「アルバイト」など、呼び方は異なっても、この条件を満たせばパートタイム労働法上のパートタイム労働者となります。

パートタイム労働者を雇用する使用者は、パートタイム労働法に基づき、公正な待遇の確保や正社員への転換などに取り組むことが義務付けられています。

また、労働者を雇い入れる際、使用者は、労働条件を明示すること、特に重要な条件については文書を交付することが義務付けられていますが、パートタイム労働法では、昇給・退職手当・賞与の有無についても文書の交付などによる明示を義務づけています。

引用 厚生労働省

厚生労働省が定義している通り、どちらも同じ労働条件なんですね。

よって、パートとアルバイトそれぞれでの定義はありません。

関連記事

バイトの面接で落ちる理由

パートのメリットデメリット

パートと呼ばれる会社で働くと、どのようなメリットがあるのでしょうか。

一般正社員を比較対象として解説していきます。

パートのメリット

大きなメリットは未経験者でも大丈夫ということです。

多くの場合が未経験の主婦層なので、一緒にパートを頑張ろうという気持ちにもなりますし、似たような年代が集まっているとまるで仲間ができたような感覚になります。

パートは全員女性と言っても過言ではなく、女性の職場でパートという言葉をよく耳にするため、新しい人脈を増やしたいという人にはメリットです。

また、時間の自由度が高いため、お子さんがいる方にはベストな職業でしょう。

働き方も柔軟で、求人も多いのでそれだけ選ぶことができるのは魅力ですよね。

パートのデメリット

一方でデメリットは、時給が上がりにくかったり、退職金やボーナスがないことです。
ある程度の年代の人多いので、若い社員にタメ口を使われたり、指導されることが苦痛という人も中にはいます。

また、正社員ではないのでどれだけ仕事で頑張ったとしても、なかなか責任ある仕事を任せてもらえず、悶々としてしまうなんてこともよくあります。

ただ、主婦が子育てをしながら、自由に仕事をする、という点ではパートというのはかなり魅力的です。

女性の多い職場の場合、パートだとしても昇給しやすいですし、ポストを与えてもらえることもあります。

なので、自分がしっかりと今後パートとして成長していきたいとか、もっと上を目指したいという場合は、パート先の選定というのはかなり重要です。

周りが全員正社員であれば、難しいですし、パートがほとんどというのであれば頑張り次第ではどうにかなるかもしれません。

バイトのメリットデメリット

バイトの場合、主に若い世代の働き方を指すので、どのようなメリットデメリットがあるのかというのは正直あまりわかっていません。

バイトのメリット

バイトとして働く大きなメリットは、男女比が半々であらゆる年代の人と知り合えます。

バイトから正社員になれたという人や、バイトリーダーになれたという人も多く、比較的仕事にやりがいを感じやすい働き方かもしれません。

募集業種も偏りがなく、とにかく選択肢が多いこともメリットです。

働き方も短時間で週2回程度で働けもしますし、フリーターであれば週5回フルタイムで働くなんてこともOKです。

関連記事

バイト探しはバイトルが簡単

バイトのデメリット

一方でデメリットは、収入が不安定なことと自由に働き方は選べるけれど、その分やりがいが削られる場合も多いです。

例えば、バイトリーダーになったとしても時給を上げてもらえないとか、上がったとしても「これだけ?」と思うような金額しか時給が上がらないということもよくあります。

このように、パートもバイトもいろんな方面で見るとメリットデメリットが様々あります。

基本的に何か労働条件や雇用保険などに関しての大きな違いはないので、自分の年代や希望する働き方などを考慮して、どちらが働きやすそうかを検討してみてください。

職種によって、主婦に優しい会社と学生が優先の会社とかなりわかりやすく分かれているので、求人を見るとすぐにわかりますよ。

パートとアルバイトの語源について

パートとアルバイトの語源にはちょっとした昔からの歴史があり、それぞれの起源の流れから現在のような使い分けとなりました。

アルバイトの語源

アルバイトという語は、ドイツ語で「仕事」を意味する名詞のArbeitに由来する。日本では明治時代に学生の間で使われていた隠語が一般に誤って広まった。

パートの語源

パートはパートタイマー(part timer)の略誤で、フルタイム(full time)の反対の言葉です。

昭和22年に日本電信電話公社が主婦層を中心にパートタイマー職員として雇ったのがきっかけで現在に至ります。

この時のイメージが現在まで続いているため、パート=主婦層や女性といったイメージが残っているのでしょう。

イオンはコミュニティ社員を募集している

最近では、パートやアルバイト以外の表現をしている企業も多いようです。

例えば、大手企業のイオンではパート・バイトではなく『コミュニティ社員』として募集をしているようです。

学生アルバイト・短時間コミュニティ・長時間コミュニティに分けられます。

長時間はほぼ社員と同じ勤務時間(160時間/月)です。短時間は扶養の範囲内で働く人(80~120時間/月)、学生アルバイトは社保なしで短時間と同じ扱い(80時間/月)以上となります。

パートやバイトと特に何も変わりませんね。

長時間は色々と福利厚生が充実していますが、土日祝祭日、夏休み、冬休み、年末年始など休みがとりにくくなるというデメリットもあるようです。

パート・アルバイトの違いまとめ

パートとバイトという2つの言葉が求人ではよく見かけるので、何か違いがあるのかな?と思うかもしれませんが実際には、違いはありません。

パートもバイトもそれぞれメリットがありますし、希望する働き方や収入金額によっても違いが出てきます。

どちらも自由な働き方ができる勤務体系なので、自分に合った職場を自分で選べるメリットはあります。

また、会社側として求める人材によってパートとバイトを使い分けているので、求人を見る際はよく注意しながら仕事を選ぶようにしましょう!

関連記事

パート辞めたい!主婦におすすめのパートや悩み一覧!

主婦のパートおすすめ職種

パート掛け持ちの注意点

パートが続かない人の特徴

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。