page contents Your SEO optimized title page contents
転職

30歳からの未経験職への転職!転職エージェントをうまく活用しよう!

未経験職種への挑戦

30歳から未経験職種へ挑戦される方。

諦めるのはまだ早い!
30代で未経験職種への転職を実現するには、綿密な事前準備と転職エージェントを活用した面接練習で可能です!

筆者は28歳の時に転職しています。
30代転職経験談にはなりませんが、割と近い状況で転職の厳しさを感じる事ができました。

今回は、30代で転職した先輩社員の経験談踏まえてアドバイスしていこうと思います。

早速ですが、未経験の職種に挑戦する場合、それなりのリスクを伴う事を覚悟して下さい。

どういう覚悟がいるかというと、、、

なかなか採用先が決まらない
年収が下がる
環境の変化によるストレス

この3つは、ほぼ避ける事はできないと思っておいてください。

この中でも最も難関なのが、希望の企業へ転職できるかというところでしょう。

中途採用を募集する企業は、即戦力を前提としているからです。

また、希望の職種だけ選ぶのではありません。職種の中から、更に自分に合った企業を見つけなければなりません。

当然、時間がかかるし成功率も下がるという覚悟が必要です。

そもそもなぜ転職したいのか

現在の職種の給与が低い、おもしろくない、等のネガティブな理由であれば、職種を変えるのはオススメしません。

ネガティブ理由であれば、『一旦、職種を変える』といったイメージで、将来のビジョン全く見えません。

それは挑戦というよりも逃げ。逃げの状態では転職できません。

何も逃げが悪いという事ではなく、『次の目標』をしっかり立てて転職活動をおこなう事が大切です。。

例えば、貯金をするとしましょう。
1年で50万円貯めるという目標を立てた場合と、なんとなく貯金を始めた場合、1年後にどちらが貯金額が多いでしょう?

当然、前者のほうが貯金できますよね?

『やりたい仕事が見つかった!』という理由であれば、その目標に向かって、これから何をすればいいのか明確にすることができます。

したがって、未経験職種への転職成功率もアップするわけです。

一度、自分の心境を見直して見ましょう。

たまねぎ
たまねぎ
何事も目標は必要。

事前準備と戦略

事前準備と戦略

覚悟を決めたら事前準備です!

未経験職種への転職を実現するには、十分な事前準備/戦略が必要になります。

何故かというと、中途採用を募集する企業は『即戦力』を求めているからです。

未経験者が無防備で挑んでも勝ち目はありません。。。

入念な対策が必要です。

では、実際に何をおこなえばよいのか見ていきましょう。

希望の企業を探す

希望の企業を自分で探すにはなかなか骨の折れる作業です。そこで、スムーズな転職を実現するためにも転職エージェントを活用することをオススメします。

無料で利用することができ、最適なマッチングから転職後のフォローまでおこなってくれます。

詳細はページ下にあるので、ご確認ください。

希望職種とのマッチングポイントと職種調査

企業とのマッチング

希望の企業が決まったら、自分が持っているスキルが希望の職種にマッチする部分がないか確認してみましょう。

企業が中途採用に求める即戦力にできるだけ近づけるポイントはないでしょうか?

具体例

■コンビニ店長から設備の開発業務の場合

①店長業務の一つに、物品の発注をおこなっていた。設備開発でも物品の発注は頻繁におこなうので、発注業務の経験を活かせる。

②マネージャーや他店との情報のやり取りで、コミュニケーション力を身につけている。設備の開発となれば、様々な関連部門とのやり取りが必要なため、これまでに培ったコミュニケーション力を活かすことができる。

上記例のように、これまでに経験した業務内容を一旦洗い出して、希望の職種の業務内容も一緒に洗い出します。その中で自分のスキルを活かせるポイントがないか調べてみましょう。

但し、あまりにも見苦しいこじつけは厳禁ですよ。

どうしても接点を見つかられない場合は、転職エージェントに相談してみましょう。

焦って失敗してチャンスを逃してしまうと年齢的にもリスクが大きいです。少し時間をかけてでも準備をしっかりおこないましょう。

たまねぎ
たまねぎ
ここに1番時間をかけるべきです。

現在、目標に向けて努力している事

いくら気合があっても、行動に具体性がなければ論外です。目標に向かって『何をどう活動しているのか?』具体的に答えれるように準備しましょう。

未経験だが、気合いで頑張る。そんなに世の中甘くありません。30代ともなれば尚更です。
何度も言いますが、中途採用を募集している企業は即戦力を求めています。そんな中で未経験者の採用を考えるとなると企業側もリスクを伴うわけです。

よって、より具体的な活動内容が必要になるわけです。

どれくらい具体的かというと、、、

5W1Hにもとづいて内容を考えましょう。
いつ、どこで、何が、どのように、なぜ、どうした!を意識して下さい。

ちなみに、『目標に向けて努力している事』は過去の実績よりも大切です!

企業にとっては、異職種の過去の実績なんてほとんど興味無いのです。

自分が現在努力して、限りなく近づいているという事をアピールしましょう。

それと、数値化できる部分は全て数値化して答えれるようにしましょう。

転職エージェントの活用方法

転職エージェントとは?また、どのように活用すればよいのか解説します。

自分の希望に限りなく近い企業とマッチングできる

転職エージェントは基本的に、成功報酬型で収入を得ています。よって、あなたの転職活動に対しても全力で答えてくれます。

一人で転職活動をすると、情報が無い中で孤独に活動しなければなりません。

アドバイスを貰わずに活動するという事は、改善点も見つからないため、かなりハードルが高くなります。

そんな中で、転職エージェントは転職に関する様々なアドバイスを受けることができるため、利用しない理由はありません。

あなたに合った企業を探してくれることでしょう。

不採用となった場合のフォローをおこなってくれる

一人で転職活動をおこない、仮に不採用だったとします。

しかしその場合、不採用通知には理由は記載されていません。

自分が何で落ちたのか?何がいけなかったのか?改善策も見つからないまま次の転職活動をしないといけません。

しかし、転職エージェントに登録していると、理由を教えてもらえる上に、改善策の相談にも乗ってくれるのです。

たまねぎ
たまねぎ
次につながるし、成功率もアップ!

まとめとオススメ転職エージェント

私は転職エージェントを利用せずに転職活動をおこなった結果、活動開始から約1年の月日を消費しました。

異職種となれば尚更時間がかかる事でしょう。

たまねぎ
たまねぎ
なぜ利用しなかったのか?それは転職エージェントの存在を知らなかったのです。。。

しかし、転職エージェントを利用した先輩は約3ヶ月で転職に成功しています。

その差は9ヶ月!

9ヶ月という時間の差は、入社して ひと通りの業務をこなせるくらいの差がつきます。

また、評価の面でも将来の収入に対して遅れが出る事になります。

少しでも早く動く事が大切です!

そこで、私がオススメする転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

業界No.1の転職実績を誇っており、マッチングから面接のアドバイス、転職後のフォローも充実しています。

また、非公開求人も豊富に取り扱っているため、希望通りの求人が見つかりやすいというメリットがあります。

無料なので利用しない理由はありません。転職はスピードです。人気の職種や企業はあっという間に埋まってしまいます。

常にアンテナを張って情報を得るためにも、うまく活用して希望の職種への転職を成功させましょう。

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。