Your SEO optimized title
転職

公務員試験の論文試験勉強法!合格するために実践すること!

公務員論文試験の効果的な勉強法は、とにかく『書く』です。
具体的にどうやるかはページ下のほうに書いていますので
高速スクロールしていただいても構いませんよ!

公務員はいつでも人気職種

景気は上向いていると世間で喧伝されているほど、好景気の実感できない人が多いかと思います。

そんな経済状況下でも安定した雇用と高い賃金でいつの世も人気を博しているのが公務員です。

現在のお勤め先がブラック企業といわれるような低賃金で労働環境のよくない人ほど転職にお勧めということが言えます。

1.公務員試験の内容

どんな地方都市でも求人倍率が高止まりしている公務員ですが、もちろんなるためには高いハードルがあります。それは公務員試験と呼ばれています。試験開催都市によっても異なりますが、大きく分けて3つの種類に分けれれます。

1)筆記試験

一つ目は、筆記試験と呼ばれ試験科目に対する広範な知識と高い処理能力とを問われます。公務員試験の勉強と聞くとまず思い浮かべるのがこちらなのではないでしょうか。

高校までに勉強してきた数学や社会の内容に加えて、経済や憲法など社会についての知識も問われるため、勉強のためにも時間を割く必要があります。

2)論文試験

二つ目は、論文試験と呼ばれるものです。出題者から論文のテーマが与えられ、それに対して制限時間内に論文形式で文章を記述することが求められます

。問われる内容も多岐にわたるうえ、当日出題されるテーマを勉強していなかったりすると、手も足も出なくなってしまうことから、かけた勉強時間に対して見込める点数上昇分が少ないとして多くの受験者から勉強をするのをためらいがちです。

ということは、しっかりと対策を練り準備することができれば、ほかの受験者と差をつけることができるということです。

したがって、この記事ではどのような点に注意して勉強すればよいかについてご紹介します。

3)面談試験

三つ目は、面談形式の試験です。試験開催都市によってさまざまな形式で行われますが、もっとも多いのが個人面接です。

一次面接などでは集団面接が採用され、短時間で多くの就職希望者をふるい分けられるように機能しています。

最近では、リクルート会社の入れ知恵か、グループディスカッション形式を採用するところもあるようです。

いずれの形式でも受験者は面接者に対して個人のパーソナリティをじかに伝えることができるので、緊張するものの、自分を知ってもらう機会であるので楽しんで行うことが重要です。

参考記事

苦手なグループディスカッションを克服する方法




ここまで公務員試験の概要をご紹介しました。

ここからは2つ目のステップにあたる論文試験についての勉強方法や、論文試験に臨むにあたっての極意などをご紹介します。




2.公務員試験の論文試験に合格する方法

どのような点に留意して勉強を進めれば論文試験をパスすることができるでしょうか。
ここでは、勉強に臨む心構えと具体的な勉強方法についてご紹介します。

1)論文試験に臨む心構え

公務員試験の論文試験で試験官がみたい受験者の資質は、

①.問題を把握し分析しありうる解決策を提示できるか

②.出題するテーマに関して一般的な知識を有しているか

③.論理的な文章を展開し有意の結論を得ることができるか

という3点にかかっています。

したがって、突飛な解決策や自身の特異性を述べるような文章を期待しているわけではありません。

物事を冷静に一般的に考えたときにどのようなストーリーがみられるかを整然と述べていけばよいのです。

ゆえに、論文試験に臨む心構えは、目立つな。常識的であれ。ということになります。

2)論文試験に対する勉強方法

上でご紹介した試験官がみたい受験者の資質を手っ取り早く身に着けるためには、どのように勉強するのが適切なのでしょうか。

それは新聞を読む、ことであると考えられます。新聞を読むときに、うえで述べた資質を意識して読んでいくことが肝要です。

道されているニュースを、問題点はなにか、その問題点に至った経緯は何か、現在考えられている対策はなにか、その対策を実施したときに起きる影響はどのようなものか、という視点で分析しながら読むのです。

これにより、そのニュースに対する知識はもとよりどのような解決策が考えられているのか自らの知見にできます。

大きなニュースなどでは、社説と言ってその新聞社の意見が書かれているものがあります。

社説は新聞社によって異なるので、一つの問題に対して新聞が異なれば異なる意見を載せています。

そこで世の中に様々な意見があることを知覚することができます。

3)論文試験の勉強時間

試験日から数えて3か月程度前から準備を進めましょう。

新聞を分析的に読み込むことからはじめて、受験自治体の過去問などがあれば入手し、実際に制限時間以内で過去に出題されたテーマで論文を書いてみることをおすすめします。

どのような分野の知己を集中的にいれておけばよいのか指針になるうえ、論文を書く上での自分の問題点を確認し苦手をつぶすことができます。

いかがでしたでしょうか。
公務員試験における論文試験は、準備が大変な反面、きちんと対策が練れれば大きな得点源となり、ほかの受験生に対して優位に立つことができます。

みなさんもここでご紹介した方法を試して、効率的に論文試験の準備を進めてみてください。




ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。