Your SEO optimized title
時事ネタ

川遊びの18歳男性流される|仙台<2019年8月17日>

仙台市にて川遊び中の事故が発生したようだ。

17日午後5時半ごろ、仙台市太白区秋保町馬場の名取川の浅瀬で遊んでいた宮城県塩釜市の男性(18)が転んで、下流に流された。宮城県警仙台南署によると、消防に救助されたが、意識がない状態で病院に搬送された。

男性は専門学校生とみられ、友人と5人程度で遊びに来ていた。川に流されたサンダルを拾おうとしたという。現場は秋保大滝の滝つぼから20~30メートル下流で、流れは速かったとみられる。友人が110番通報した。

引用元:産経新聞


なんとか救助されたみたいだが、意識不明の状態となっている。

無事意識が戻ることを祈ります。




 

兵庫で川遊びしていた男性が流され意識不明の重体|神河町<2019年8月17日>お盆に特に多い、川遊びの事故がまた発生したようだ。 8月17日午後5時5分ごろ、兵庫県神河町中村の越知川で「人が溺れた」と119番があ...

川遊びの危険性|流されやすい

川遊びというのは、海よりも危険だ。

まず、流れが速くて力が強いということ。

これだけで下流へ流されるリスクが海と比較して格段に上がる。

それと、川の水は塩分を含んでいないため、海水と比べると沈みやすい。

つまり、泳ぎにくいということだ。

更には、岩場となっているため非常に滑りやすい。

海でも岩場はあるが、基本的には砂浜で遊ぶはずだ。砂浜では滑りようがないだろう。

結果として、川で遊ぶのは海よりもリスクが高いということを認識しておく必要がある。




お盆に水に近づいてはいけない理由

お盆には水に(特に川)近づくなと言われている。

霊により、足をひっぱられてそのまま連れて行かれるとか、おばあちゃんに教わった記憶が。

実際のところどうなんでしょうか?

知恵袋に興味深い回答があったので紹介する。

く昔は「お盆に川に入ると足を引っ張られる」と言われてました。

水のあるとこには霊が集まると聞きます。

お盆は霊が動くので、とくにお盆には川に入るなと・・・

実際は違うと思います。

川は表面上は緩やかな流れでも、川の中の流れは複雑で、急に深くなるとこで流れが2層になり足元の流れが急であれば足を引っ張られる感じになり、溺れてしまうと・・・
また、川の水は冷たいので、急に川に入ると足をツッてしまう事もあります。
でも、上記はお盆には関係無いことです。
お盆は、休みの人が増えるため、川で遊ぶ人の絶対数も増えるわけで、災害に合う人もそれにそい、川の事故が増えてしまうためお盆は川の事故が多い! ってなるのではないでしょうか?

上手く説明できませんでしたが、あくまでも私独自の考えです。

まあ、昔から言われてることですので、気をつけた事に越したことはありませんので、
わたしとしては、山の方がいいとは思います。

引用元:yahoo知恵袋

なるほど。理にかなっている回答だ。

これなら私も納得できる。

霊に引き込まれる言う迷信がありますが、
実際は、海に盆の季節になると『くらげ』の量が増えます。
刺されて溺れる方が多い様ですね。
川には藻が増えて足が滑って転倒して溺れます。
それもあるから、こんな迷信が未だにあるんだと思います。

川に行くなら忠告が一つあります。
山間の天候は変わりやすく、急は雨で川が増水する時があります。
上流にダムがあれば、サイレンが鳴り放水する事もあります。
ダムの放流は勢いが半端ないです。
天候の変化には気を付けて下さい。

なるほど。海の場合は「くらげ」も関係しているのか。

それと、山の天候は変化しやすいから注意が必要ということだな。

昔からの言い伝えで、地域を問わず広くどこでもそのように言われているようです。

別に盆帰りの霊が寂しさから遊泳者の足を引っ張るわけではないのでしょうが、
この時期で特に海に入らない方が良いというのは、それなりに根拠があります。

・盆以降はクラゲが発生しやすく、泳いでいて刺される被害に遭いやすい
・水温や潮の流れが急変する部分が発生しやすく、事故に遭いやすい
・泳いでいる人が少ない場所で泳げば、水難に遭ったとき助けを求めにくい

管理された場所で他に遊泳している人が沢山いるならとやかくは言えませんが、
他に泳げる時期もあれば、わざわざお盆という時期を選んで海で泳ぐことは
ないとも言えるでしょう。

霊は関係ないという回答が多い。

つまり、お盆という時期には様々なリスクがあって、それを説明するのが面倒!?だから霊の制にしているということなのかな?

筆者の所感|川に流されてしまう事と近づいてはいけない理由

正直なところ、筆者は川より海派だ。

なぜならば、川は危なすぎる。

冒頭でも話しているとおり、流れが速いし滑りやすい。

また、水温も低いので体の活性が低下してしまう。

よって、川は危険と判断している。

また、非現実的なことを信じるほうではないのだが、夏の間でもお盆の時だけ事故が多いのは何故だろうか?

確かに、休暇により川遊び人の絶対数が増えるから、事故も発生しやすいということにはなるが、何か不思議な感じがする。

「足を引っ張られる、、、」あながち嘘ではないかもしれない。