page contents Your SEO optimized title page contents
転職

管理職の転職は可能!その方法はビズリーチと転職エージェントを活用すること!

管理職の転職後の収入

管理職だけど転職したい!でも、もう年齢的に厳しいかも!転職先が見つからない!と思っていませんか?

実は、公になっていないだけで意外にも管理職の求人は多いのです。

但し、一般的に公開されていない案件がほとんどです。
どうやって見つけるかは後ほど解説します。

でも転職した矢先で給料が安いのでは?できるだけ収入は落としたくない!と心配になる方も多いと思います。

しかし、以下のグラフを見てください。転職後の平均月収グラフです。

引用:求人ボックスより

現在の収入に比べると下がるでしょうが、
平均で月収30万は可能なのです。

あくまで平均です。また、それ以上の年収1000万クラスの求人も存在します。

まずは、管理職の転職事情と受かるための対策から解説します。

管理職の転職が難しい理由

それでも一般職の転職よりも管理職の転職は難易度が高いのが現実です。

以下に管理職の転職が難しい理由を解説してみます。

求人数が少ない

一般職の転職と比べると、管理職の求人割合は約2割といったところです。

少ない理由としては、組織というのを形で表すとピラミッドの形状をしています。

管理職はそのピラミッドの上層付近に属するため必然的に人数も限られてきます。

人数が少ないと、当然ポジションが空く確率も減りますし、元々在籍している社員がそのまま登用されてしまうのです。

扱いにくい

管理職ともなれば年齢的にも30〜50代となります。

仕事を教える側としても、年上相手に教育するとなると扱いにくいものです。

年齢だけではありません。

管理職経験者は、企業で一般社員よりも実績を積み貢献してきています。また、独自の考えも強く持っているため、それなりのプライドというか癖が強いのです。

給与面での待遇

私が努めている会社の最低ランクの管理職でも月の給料は約50万。ボーナスは100万です。

管理職として出迎えても、それなりの処遇をしなければいけません。

業務の実績を残しての50万と、入社直後からの50万。

あなたが経営者だったらどうしますか?

実務経験のある、一般社員を登用させたほうがリスクは少ないですよね?

以上が管理職の転職が難しい理由になります。まとめると、一般社員を登用させて、その空きに一般社員の求人をかけて採用したほうが良いと言う事です。

冒頭でも説明していますが、現実には管理職求人は意外とあります。

求人の探し方の前に、転職を成功させるためのアドバイスをします。

転職を成功させるためには

管理職の転職活動は、一般社員の転職とは少し考え方や事前準備が異なります。具体的に解説していきます。

志望動機は企業理念や方針を

転職枠が一般社員の場合、同じ職種や似たような職種で経験を活かせる的な内容となりますが、管理職の場合は会社の方針や理念を強く表にだす事が必要です。

管理職というのは、会社トップが打ち出す方針を独自に自分の組織に置き換えて、自職場の方針を掲げなければなりません。

つまり、会社の方針をしっかりとリサーチし志望動機に繫げる事が重要なのです。

製造業を例として少し例文を書いてみました。

私が努めている会社の方針は『品質第一 顧客クレームゼロ』であり、現在管轄している組織では『自職場品質不良0件の継続!歩留り99.5%の達成』を掲げています。御社の企業方針である『品質最優先』と同様の考え方であり、私がこれまでに掲げてきた方針や考え方を活かせると考えています。

即席で考えたので少し物足りないですが、志望動機の中に、上記の例文のような考え方を盛り込む事が大事です。

これまでの経験を振り返る

主に職務経歴書に書く内容になります。

これは一般職同様です。これまでの経験や実績を振り返りまとめましょう。

管理職ともなれば、その実績量は膨大なものとなるはずです。

最も大きい実績から5〜10個挙げれればベスト!履歴書の行数と相談しながらまとめましょう。

企業の分析力

これは主に面接時に活躍します。

管理職には様々な能力が問われますが、分析力も重要な能力の1つ。

求人を募集する企業は、いかに我が社を分析しているか!?そういった面にも注目します。

前に書いた『企業理念、方針』と事業内容は全て把握しておきましょう。

しかし、あまりやりすぎると機密に触れてしまう恐れも。。。

あくまでも、ホームページ等の公開されている情報を元に分析しましょう!

企業分析は機密情報には触れない事!
公になっている情報から分析しよう!

さて、管理職求人が少ない理由、難しい理由、転職に必要なことを解説してきました。

しかし、肝心の求人をどうやって探すかが最大の壁です。

ハローワークで見つける?在職中であれば平日に休みを取って、長蛇の列に並びますか?
あるかも判らない求人のために。。。

じゃあどうすれば良いかと言うと転職エージェントを利用して、求人を見つけてもらう方法があります。

自分で仕事を探すのは至難の業です。むしろ効率的ではありません。在職中で求人を探すとなると尚更です。

既に退職して時間がある方も同様に、転職エージェントで仕事を見つける間に転職の準備ができます!時間が勿体無い!

転職はスピードとタイミングが命です。

限りある時間を有効的に活用しましょう。

オススメ転職エージェント2選!

私がオススメする転職エージェントは業界屈指のエージェントです!

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、人材紹介サービスのひとつです。求職者が抱える様々なお悩みを解決し、その求職者にとって最適な転職をお手伝いしています。

今、転職市場はめまぐるしく変化を続けています。価値観やライフスタイルが多様化したこともあり、企業や求職者のニーズも多種多様になりました。

求職者の中には「転職活動を自分1人で進めていくのが大変だ」「どのような企業が自分に合っているかわからない」「自分の強みがはっきりしない」など、悩んでいる人もいるでしょう。

転職エージェントはそうした一つひとつの声に耳を傾け、後悔のない選択をサポートしています。

転職を成功させるためには、それなりの要素を持ったエージェントでなければなりません。

何を基準に選んだかというと、下記紹介文にも書いていますが『転職率No.1』『全国規模』『非公開求人』をメイン要素として選びました。

また、費用は一切かからないため、成功率上げるためにも複数の登録をオススメします。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1の転職エージェントです。

リクルートエージェントの特徴

・創業1977年以来、約37万人の転職支援実績を持っており、転職支援ノウハウや転職成功事例が豊富。

・業界トップクラスの求人数でマッチング確率が他のエージェントと比べて高い。

・非公開求人を約10万件取り揃えている。

・企業へのアピール職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業に強みをアピールしてくれる。

案件が豊富なことから、効率よく転職したい人にオススメです。

doda(デューダ)

dodaはパーソナル株式会社が運営しており、転職エージェントのほかにも転職サイト、スカウト等がある。

dodaの特徴

・大手優良企業の求人が多く、メーカーやIT系の企業案件が多い。

・未経験より経験者を募集している傾向にあるため、年齢層が高め。

・経験を活かせる案件が多いため、年収が高めの案件が多い。

・海外案件も取り扱っており、外資系の仕事も紹介してくれる。

年齢層が高め(30~40代)ということで、収入も高めという特徴があるため
管理職転職向けのエージェントといえます。

https://twitter.com/ajhsscs3/status/1021592179754422272?s=21

転職エージェントのメリット

・費用がかからない
・自分に合った案件を見つけてくれる
・非公開求人も多数有り
・入念な準備ができる
・複数登録でマッチング率を上げれる
・転職後のケアもやってくれる

在職中で転職活動をするには最も良い方法です。

転職エージェントのデメリット

・エージェントによる対応のバラツキ
(誰に当たるか運次第)
・管理職となると時間がかかる恐れ

既に退職されている方の中には、それでも時間が足りず急ぎたいという方もいらっしゃるでしょう。

そのような方には、少し投資が必要ですが以下のような方法があります。

エージェント以外の方法

ビズリーチ

時間が無い、現在よりも収入を落としたくない!という方には『ビズリーチ』がオススメです。

ビズリーチは転職エージェントや転職サイトサービスとは少し違った特徴があります。

ビズリーチは人材紹介サイトではない

転職エージェントや転職サイトは、転職のお手伝いを行ってくれる所ですが、ビズリーチは『直接企業やヘッドハンターとやり取りができる』という特徴があります。

エージェントを介さずに直接的な転職が可能なのです。

有料会員だがメリット豊富

利用料金は以下のようになっています。

タレント会員2,980円/30日間
ハイクラス会員4,980円/30日間

もちろん無料でも利用は可能ですが、閲覧枠や企業への返信機能が制限されてしまいます。

少しの投資で将来の年収アップにつながると考えた場合、安い投資なのではないかと思います。

また、転職エージェントのデメリットも解消できています。

更には、企業やヘッドハンターがあなたに関心を持ち、スカウトされた場合は無料で転職活動を進めることができます。(プラチナスカウト)

ちなみにどのような求人があるかというと、

これは、ビズリーチで実際に転職をした人の一部の内容です。

一般職よりも管理職案件のほうが豊富に存在し、年収も満足のいく額だと思います。

お金がかかるデメリットがありますが、これほどの質の高い企業が揃っていれば、転職成功後に簡単にペイできます。

興味のある方は一度登録してみる事をオススメします。

こういったサービスを活用して、少しでも早く納得のいく転職ができる事を祈っています。

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。