Your SEO optimized title
正社員

嫌われる上司の特徴10選!ダメ上司の共通点とは!?

嫌われている上司

あなたは上司として部下に嫌われていると思っていますか?

特に、女性管理職になりたての人はこういった「嫌われるかもしれない」という悩みを持っている人もいることでしょう。

でも、「そんなの気にしてたら仕事できない」と思う人も多いでしょう。

また、上司たるもの多少は嫌われるような言動をとらなければならない場面もありますからね。

しかし、それが理不尽な内容で常習化してしまうと、部下とのコミュニケーションが取れずに、業務に支障をきたしてしまうことも。

今一度、セルフチェックをおこなって、自分の言動を見直してみましょう。

たまねぎ
たまねぎ
現役管理職の管理人たまねぎが解説していきますよー

1.部下を責め立てる上司

基本的に自己中心的存在であり、会社には貢献しているが部下達は常に振り回されている状態。

以下のような発言をしていませんか?

  • ちょっとは考えて聞いて
  • 何で?何で?うん、それで?何で?
  • 何でもっと早く言わないの?
  • 言う通りやればいいの

体育会系の人に多い発言ですが、責め立てた言い方をすると部下達はどうしていいかわかりません。

たまねぎ
たまねぎ
時には必要な発言かもしれませんが、常習化するとマズイというお話。

2.人によって態度を変える上司

自分の保身のために態度を変える上司です。

たまねぎ
たまねぎ
これは筆者に言えること(笑)

社長と部下で接する態度が違うのは誰でも当然のことですが、それが極端であった場合部下からは「人によって態度が全然違う」と思われてしまうかもしれません。

特に注意したいのは、等級が同等の部下に対して態度を変えるということです。

必ず「お気に入り部下」を確保していますよね?

「お気に入り部下」は自分にとって最も有益な存在となっているため特別扱いしてしまいます。

自己保身のために態度を変えていると部下に嫌われる原因となります。

3.公開処刑する上司

職場のメンバーが集まるような朝会や会議で、名指しで責め立てたり怒鳴りつける上司。

これをヤラれると、たまったものではありません。

精神的に立ち直れそうにありません。

これをやる上司は、自分の威厳を部下達に見せつけたり、上層部へ自分の管理力をアピールをするため。

部下を注意・指導することは必要ですが、それを実行する場所を考えてあげましょう。

たまねぎ
たまねぎ
昔これやられたんですよねー
たまみ
たまみ
ざまあ(笑)
たまねぎ
たまねぎ
・・・。

4.人のせいにする上司

自分のミスを人のせいにする上司です。これは仕事のやり方以前に人間性を疑われる事ですね。

筆者が経験したのは、自分の指示ミスを私の判断力不足として全責任を負わされた事。

私が会社の上層部に責め立てられていても、自分は知らん顔。

これをやってしまうと、信用は全く無くなります。

たまねぎ
たまねぎ
いまだにあいつは管理職やっているが、いい加減飛んでくれないかな!
たまみ
たまみ
熊キャラで怒ってもねぇ~。迫力ないね。
たまねぎ
たまねぎ
・・・。




5.言いやすい人にしか言わない上司

何も言い返さない人をストレス発散の対象としていませんか?

怒る部下を限定しているという事です。このパターンの上司は多いのではないでしょうか?

逆に、反論するタイプには、どんなに屈強な上司でも理不尽に怒ったりする事が少ないと感じます。

これは人間の心理学上仕方ない部分あります。

もし、あなたが部下を怒らなければならない場合、何も言い返さない部下と反論してくる部下どちらが怒りやすいでしょうか?

当然、前者ですよね。

『お気に入りの部下』とはまた正反対のタイプですね。

でも、それが周りから見て躊躇に出ていると不満も高まってきます。

『何であいつは怒られないの?』と。。。

たまねぎ
たまねぎ
最近思うのが、会社というのは「弱肉強食」世界の縮図みたいなものだなと。
たまみ
たまみ
言われる側になったら抜け出せないからね。強気で言う側にならないといけない。
たまねぎ
たまねぎ
ごもっともですな。

部下に慕われるリーダーや上司は出世できないのか?リーダーの役割とは!?

6.部下の育成に力を入れない上司

部下の育成よりも仕事を優先してしまう上司です。

部下の育成というのは、将来の組織成長には欠かせない業務ですがこういった上司には以下の2パターンが存在します。

  1. 仕事のキャパが溢れていて、目の前の仕事をとりあえず処理していくという考え。
  2. 自分の知識・経験を誇示して自分の上司にアピールする上司

①に関しては、仕事がさばけずに教育する時間がないというパターンです。自分の仕事を一度見直すしかありませんね。

②に関しては、マネジメントができないor勘違いしている上司です。

仕事を進めることがマネジメントと思っていたら大間違い。業務はもちろんのこと部下の育成まで気がけてあげなければなりません。

自分の知識や経験を部下へ還元することは良いことですが、それを部下の成長につなげるようなやり方が必要です。

たまねぎ
たまねぎ
見せてやらせて見せてやらせるの繰り返し。




7.部下の成長を恐れる上司

自分の地位を脅かす部下が存在していた場合、その部下に嫌がらせをする上司です。

また、その部下に対して自分の知識や経験を教えずに成長をとめてしまおうと無意識に思っている場合も。

常に自分が優位な立場になろうと必死になっている上司。

しかし、勘違いしてはいけません。部下の成長というのは自分が教育してきたという実績にもつながるはずです。

もし、部下に自分の地位を取られてしまった、同等になった、追い抜かれてしまった場合は、自分の仕事のやり方に問題があったはずです。

そこは素直にみとめるべき。

部下をしっかりと教育して成長させていれば、必然的に自分も昇格できるはずなんです。

8.部下を叱れない上司

親しい部下やお気に入りの部下に嫌われたくないがために、叱ることができない上司です。

これでは部下の成長は止まってしまうばかりか、組織の成長にも影響を与えてしまいます。

部下を成長させるという上司としての仕事を忘れてしまっているんです。

こういった上司は将来評価されることもないでしょう。

たまねぎ
たまねぎ
たまにいますね。部下がやりたい放題になっちゃうんです。

9.コミュニケーションを勘違いしている上司

報・連・相ができていればコミュニケーションが取れていると勘違いしている上司です。

コミュニケーションの重要性は機械的な報・連・相だけではなく、部下の人間性も見てあげる必要があります。

休憩中の何気ない会話だったり、仕事の悩みを聞いてあげたり部下個々の人間性も把握しておく必要があります。

そうすることで、本当のコミュニケーションができるため強い組織を作っていくことができるのです。

10.部下を恐怖統制する上司

部下に恐怖を与えて従わせる。部下の言うことは聞かず自分が一番正しいと思っている上司です。

恐怖統制の環境を作ってしまうと、部下は上司の顔色ばかりを伺うようになります。

そればかりか、上司のほとんどはその状況に気づいていないというのが問題です。

この環境が続いてしまうと、部下は上司に何も相談できず、いきなり退職される可能性も高まります。

たまねぎ
たまねぎ
現在勤めている我が社のことです(笑)

まとめ.上司とは基本的に嫌われる

いつでも優しく、ミスをしても怒らず一緒になって考えてくれる。

常に部下への配慮を考えて、コミュニケーションを大切にして談笑なんかできる上司。。。

そんな理想的な上司は滅多にいるはずがなく、現実的ではありません。

組織を運営していく以上、多少の理不尽も出てくるし、怒らなければいけない場面もあります。

それを嫌う部下もいれば、逆に優しく見守る部下もいます。

上司も人間ですので、幻滅してしまうような事も部下に見せてしまうこともあるでしょう。

今一度、自分の行動を見つめなおしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。