page contents Your SEO optimized title page contents
出世

嫌われる上司の特徴

こんにちは!

たまねぎです。

今回は部下に嫌われる上司という事ですが、その中でも「害悪」の部類とされる上司の例を挙げていきます。

部下への配慮無し上司

基本的に自己中心的存在であり、会社には貢献しているが部下達は常に振り回されている状態。

こんな発言もよくあると思います

  • お前もうそれやるな!
  • わからない事あったら聞け
  • お前ちょっとは考えて聞けよ
  • 何で?何で?うん、それで?何で?
  • 何でもっと早く言わないの?
  • 俺の言う通りやれ

体育会系の人に多いですね。

部下達はどうしていいかわかりません。

自分の出世だけを考えて、部下はいつでも切り捨てる

しかしながら、こういう上司でもうまくやって行ける人もいます。

上司のお気に入りになると言われない

いくら嫌われ者上司でも一人でやっていけるはずがありません。

必ず「お気に入り部下」を確保しています。

「お気に入り部下」は自分にとって最も有益な存在となっているため、嫌われ者上司も嫌われないよう配慮します。

こういう部下になれると、その職場では勝ち組の部類です。

公開処刑する上司

職場のメンバーが集まるような朝会や会議で、名指しで責め立てたり怒鳴りつける上司。

これをヤラれると、たまったものではありません。

精神的に立ち直れそうにありません。

これやる上司は、自分の威厳を部下達に見せつけたり、上層部へ自分の管理力をアピールをするためでもあります。

人のせいにする上司

滅多にいませんが、まれにいるので注意が必要です。

私が経験したのは、自分の指示ミスを私の判断力不足として全責任を負わされた事。

私が会社の上層部に責め立てられていても、自分は知らん顔。

人としてどうかと思う場面でした。

上司とは基本的に嫌われる

いつでも優しく、ミスをしても怒らず一緒になって考えてくれる。常に部下への配慮を考えて、コミュニケーションを大切にして談笑なんかできる上司。。。そんな理想的な上司は滅多にいるはずありません。

組織を運営していく以上、多少の理不尽も出てくるし、怒らなければいけない場面もあります。

それを嫌う部下もいれば、逆に優しく見守る部下もいます。

上司も人間ですので、幻滅してしまうような場面もあるでしょう。

そこを理解してあげるかあげないかは、あなた次第ですね!

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。