Your SEO optimized title
業務知識

年上の部下を育成する悩み!6つの特性から方向性を見極める!

あなたは、部下の事で悩んでいませんか?

新たま
新たま
部下の「教育」で悩んでいます
たまねぎ
たまねぎ
具体的にはどういった内容でしょう?
新たま
新たま
年上の部下で扱いずらいのです
たまねぎ
たまねぎ
なるほど、大勢の部下をもっていると、よくある事ですね。

年上部下の育成はマネジメント力が問われる

大勢の部下を持つと、年上の部下も当然持つ事になる場合もあるでしょう。

昨今では実力主義を取り入れる企業が多く、そういったケースも全く珍しくないものとなっている。

そんな年上部下に対して、「扱いずらい」と思っていないだろうか?

更には、「放置」状態にあり、コミュニケーションがおろそかになっていませんか?

年上も関係なく、部下は部下です。

あなたはしっかり組織をマネジメントして引っ張っていかなければならない!

年上の部下への言葉使い

あたりまえですが基本的には敬語を使いましょう。

さほどコミュニケーションも取れていない状態でタメ口というのは、相手も「何だこいつ」と思ってしまいます。

私の経験だが、年上部下にタメ口で喧嘩になったケースを何度も見た事があります。

互いに信頼関係が築けていれば、タメ口でも構わないませんが

まずは信頼関係を構築するためにも、敬語を使うべきです!

年上の部下の特性を見分ける

指示や仕事を教えていく上で、注意したい癖のある特性を紹介しましょう。

これは年齢関係なく、人それぞれの特性を見分ける必要があるでしょう。

  • 社交的タイプ
  • 物静かタイプ
  • プライド高いタイプ
  • 効率悪いタイプ
  • 仕事早いが雑タイプ
  • すぐサボる手抜きタイプ

以上が私が考える、よしも悪しも癖が強いタイプ一覧です。

それぞれのタイプについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

社交的タイプ

基本、この中では一番マシなタイプではないでしょうか。

報連相もよくでき、社内調整までこなしてくれる。

しかし、注意しておきたいのが「喋り過ぎ」です。

私が経験したのは、中身の無い内容を永遠と喋り続けるという 相手にとっては苦行と言わざるを得ない事をするのです。

本来の仕事に戻すか話の軌道を修正してあげましょう!

物静かタイプ

とにかく無口!コミュニケーション取りづらい!

話は一方通行で、「はい」「わかりました」しか言わない。。。

しかも、いちいち進捗を気にしてあげないといけない。

「困った事はない?」「何もトラブル起きてない?」「え?」「何でもっと早く言わねーんだ(怒)」

こういうタイプは、データ収集や事務系の個人プレイが向いています。

意外と器用だったりしますので、技術系の仕事を依頼すると実力を発揮させることができるかもしれません。

プライド高いタイプ

結論から言うと、口だけ野郎だ!

口だけで行動を起こさないのが多い。

中には偉そうな奴もいる。

こういう奴は、頭ごなしに言うとふてくされる可能性が高い。

心をへし折ってやりたいが、コンプライアンス上問題になるので注意が必要だ!

うまい事よいしょしてあげて、コントロールしていくしかない。

効率悪いタイプ

大体が机を見れば「効率悪いタイプ」を見分けられる。

効率悪いタイプの机は汚い!

業務のキャパオーバーの可能性もあるが、効率悪いからキャパオーバーになっている可能性が高い。

仕事の指示と期限は、遅れる事を前提として調整が必要になる。

仕事が早いが雑タイプ

基本的に仕事を舐めているパターンだ!

早いが、確認すると結局何度も手直しする必要があり、結果的に

時間がかかってしまうパターンに陥ってしまう。

単純作業でも雑なため、なかなか厄介なタイプである。

責任のある業務をまかせるのは危険だ!

すぐサボるタイプ

このタイプは基本論外である。

突然行方をくらます奴はいないだろうか?

トイレが異常に長いやつはいないだろうか?

一度面談を実施して、改善の兆候が見られない場合は

上司に相談して早急に対処しましょう。

以上、あなたの職場にこれらのタイプの年上部下はいないでしょうか?

年上部下の育成方法まとめ

組織をマネジメントしていくには、相手の立場に立った考え方や

発言をしなければなりません。

仕事は一人でするものではなく、チームでやっていくものです。

よって、年上だろうが部下である以上仕事をさせなければなりません。

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。