Your SEO optimized title
楽な仕事

楽な仕事で給料が高い仕事2選!辛くなったらこの職業やればいい!

仕事が辛くて、楽な仕事に転職したい!でもできるだけ収入は落としたくないし、どんな職業がいいのかわからない!

というあなたに、おすすめの職業を紹介します。

『楽な仕事』と検索しても、現実的にありえない職業(資産家)が紹介されていたり、ただ職業を網羅して楽な部分だけを抜き出していたりしている。

『弁護士』とか資格取るまでに楽じゃないし、実務自体も楽じゃないだろ!と思ったりしますよね。

現実的に勤めれる本当に楽な仕事というのは、数はそこまでありません。基本的に楽してお金を稼ぐということは、世間一般的にはありえないことなのですから。

よって、ここでは高卒で無資格で現実的に就職できる給料が高い本当におすすめできる職業」を2つ紹介します!

2つ!?少ない!と思われたでしょうが、何度も言いますが本当におすすめできる職業なのでこの2つがダントツです!

楽な仕事は人それぞれ

人によってその仕事が楽か楽じゃないか変わってくると思います。

これには筆者が考える定義がありまして、あなたが日々仕事をやっていく中で次の日辛くて仕事に行きたくないと思えば楽ではない。

明日仕事かー頑張ろう!と思えれば楽な仕事だと考えればよいと思います。

楽な仕事の条件は肉体的、精神的の2つ

仕事の楽・きついというのは、肉体的な面と精神的な面の2つの条件で成り立っています。

それぞれの条件の細分化してみました。あなたに合った仕事を分析する上で参考にされてくさい。

肉体的に楽な仕事の条件
  • 肉体労働がない
  • ノルマがない
  • 残業がない
  • 危険な作業がない
  • 室内作業
  • 夜勤がない
  • 短時間労働

以上の結果から、肉体的に楽な仕事とはどのような職種になるでしょうか?

女性であれば、オフィスの事務職系が適していると思われます。

男性であれば、同じく事務系や役所(公務員)の仕事あたりが当てはまりますね。

精神的に楽な仕事の条件
  • 接客業ではない
  • ブラックではない
  • 職場の人間関係が良い
  • 給料が安定
  • 責任の無いポジション
  • 一人作業で組織的な仕事ではない

やはりこれも、デスクワークが強いですね。正社員でルーティン業務をこなすような仕事が理想系です。

給料が高い仕事もひとそれぞれ

収入も人それぞれですよね。基本的には今の生活水準を基準とするのがよいと思います。

節約しなければ貯蓄が減っていくのであれば収入が低い。

節約しなくても貯蓄が増えていけば収入が高いと考えてよいでしょう。

平均年収を基準にする考え方もありますが、年収って人や職業ですごくばらつきがあるんです。
2015年度のサラリーマン平均年収は420万円です。

しかし、周りを見てください。

420万円もらっている人って沢山いますか?ほとんどが300万円台ではないでしょうか?

これは一部の高収入職業の人によって引き上げられているからです。

大手の役職クラスや(役員ではない)商社マンだったら1千万くらいあたりまえでしょう。

精神的に辛くなったらこの2つの職業やるべき(高卒適用)

高卒でも問題なく就職できる職業を紹介していきます。評価基準は完全筆者の独断ですので、参考程度にしておきましょう。

【評価基準】

  • 精神的楽度 接客業を星3とする
  • 給料     手取り18万円を星3とする

ビルメンテナンス

精神的楽度
給料

筆者ダントツおすすめ職業です。デスクワークとはまた違いますが、今まで聞いてきた仕事内容で最も精神的にも肉体的にもラクな仕事と思いました。

ビルメンテナンスとは(通称ビルメンとも言う)ビルやマンション、商業施設、ホテルなどの各種施設の管理部門や管理会社の設備管理に所属して、施設を利用する方が快適に過ごせるようにビルの設備を管理する仕事です。

ビルメンの主な業務

ビルやマンション内での給排水設備などの運転
、調整、管理を行います。電力設備では、エレベーター・照明
などの電力管理をし、配電盤などの操作や機器を巡回して監視します
。空調設備では、冷暖房による室内の温度・湿度・換気の管理
やボイラーの定期点検などを行います。交替勤務制有り。夜勤は仮眠時間を有り、トラブルなければ基本ラク!

年収について

資格を持っているか持っていないかで大きく左右されます。

いちばん低い等級だと、、、

  • 資格 第二種電気工事士、
  • 危険物乙4類
  • 350万〜400万
  • 資格 電気主任技術者、設備消防士
  • 400万〜450万円

派遣社員になる

精神的楽度
給料

どの企業に派遣として働くかにもよりますが、筆者は工場系の派遣社員経験があります。

責任が軽いので正社員に比べると断然ラクです。ページ下にもありますが、休みが多い企業に派遣として入社できればラク度は更に上がるでしょう。

派遣の業種というのは政令で定められています。

職種は様々あり全部で26種あります。

  1. ソフトウェア開発
  2. 機械設計
  3. 放送機器等操作
  4. 放送番組等出演
  5. 事務用機器操作
  6. 通訳、翻訳、速記
  7. 秘書
  8. ファイリング
  9. 調査
  10. 財務処理
  11. 取引文書作成
  12. デモンストレーション
  13. 添乗
  14. 建築物清掃
  15. 建築設備運転、点検、整備
  16. 案内、受付、駐車場管理等
  17. 研究開発
  18. 事業の実態体制の企画、立案
  19. 書籍などの製作、編集
  20. 広告デザイン
  21. インテリアコーディネーター
  22. アナウンサー
  23. OAインストラクション
  24. テレマーケティングの営業
  25. セールスエンジニアの営業、金融商品の営業
  26. 放送番組等における、大道具、小道具

派遣の仕事はとても多いので、選ぶ自由度はかなり高いです。

オフィスのデスクワーク業務も大量にありますので、精神的にも肉体的にもラクをできる仕事を見つけるべきです。

参考記事

派遣の平均年収

もし上場大手だったらこういう手もある

社内ニートになる

大手上場企業の場合、自分にプライドが無いのであれば社内ニートになるという方法があります。一昔前までは窓際族と呼んでいた部類の人です。

社内ニートとは、いわゆる戦力外通告を受けた人たちが集まる部署のこと。

精神的に病んで復帰した人も大体このようなポジションが与えられます。ただし、いくら社内ニートといえど仕事はちゃんとありますよ。

世間的に見て、『負け組み』というレッテルが強いこの社内ニート(窓際族)ですが、これが意外と馬鹿にできない。

日系の大手上場企業というのは、一度昇格すると、よほどの事が無い限り降格することはありません。よほどの事というのはコンプライアンス違反や法律違反です。

つまり、負荷の低い仕事で尚且つ給料はそのままで安定している最高の状態です。

デメリットとしては、今後の昇格が厳しいというところですが、社内ニート部署にも組織があるわけですから、チャンスは無いわけではありません。

ある意味、勝ち組なのではないかと考えます。

あえて上場大手に入社する方法も有り

ハードルはかなり高く現実的ではありませんが、社内ニートを目指して日系上場企業に勤めるというのも方法の一つです。

ただそこに労力使うくらいなら、楽な仕事をはなっから探していないという話ですよね。

もしあなたが、日系上場大手企業に勤めているのであれば異動を希望してみてはいかがでしょうか?

関連記事

ブラック企業の見極め方

楽な仕事はないというのは嘘!?ないと言われる理由と実際にある楽な仕事!

 

楽な仕事に転職したい!楽な仕事のメリット、デメリットを紹介!

定年後の理想的な過ごし方

これはある程度日ごろから努力していないとできない事ですが、例として挙げてみます。

定年後は社内コンサルという再雇用ポジションも有りです。筆者が勤めている企業にもこのポジションありますが、主に管理職にしか声がかかっていない模様です。

ですので、管理職についているかたにはおすすめポジションということです。

年金と退職金で暮らすんだと思われるでしょうが、将来年金が何歳から貰えるかなんてわかりませんよね。

退職年齢は変わらないのに年金適用年齢をどんどん伸びていく現象となったらどうします?

定年後のバイトも色々ありますが、やはりどれも肉体的にもきつそうな仕事ばかりです。

休みが多くて給料がいい仕事ランキング

楽な職業だけではなく、休みが多い職業も知りたいというと思うので、簡単ですが表にまとめました。

順位 職種 平均年間休暇日数 平均月収
1 自動車メーカー 約135日 25~40万円
2 電子部品・半導体メーカー 約132日 25~35万円
3 医療機器メーカー 約130日 30~40万円
4 機械・電気機器メーカー 約129日 25~30万円
5 設備関連・プラントメーカー 約129日 25~30万円

引用:2013年 キャリアコンパス

こうしてみると、自動車メーカーや電子部品、半導体が上位を占めていますね。つまり、工場勤務が休みが多いという事になりますね。

データ上では、正社員で自動車メーカーで事務職というのが楽な仕事最適な組み合わせということになります。あなたにとってはいかがでしょうか?

給料の高い仕事女性編

昨今では女性が職場で活躍するのが目立ってきています。筆者が勤めている企業でも女性管理職がどんどん誕生し、女性が活躍できる職場が増えてきています。

日本は女性が活躍できる社会というのは最近の風潮ですが、外国ではすでに当たり前のことなんですね。日本は遅れているんです。

平成28年の女性平均年収は約250万円となっています。

男性が約500万円となっているので約半分なんです。そこで、現在の給料の高い女性の職業をまとめました。

順位 職業 年収
1 航空機操縦士 1206万4400円
2 医師 1081万54300円
3 大学教授 1021万600円
4 弁護士 842万6500円
5 大学准教授 798万8600円
6 歯科医師 759万3900円
7 公認会計士/税理士 756万1100円
8 記者 692万3900円
9 航空機客室乗務員 659万700円
10 大学講師 637万5400円

引用:厚生労働省平成28年賃金構造基本統計調査をもとに作成

いずれも簡単にはなれる職業ではありませんが、女性が活躍できているというのが一目でわかりますね。どれも楽な仕事ではありませんが、努力しだいでは叶いそうな職種もあるので、気力があれば目指してみるのも良いかもしれません。

関連記事
工場勤務は楽な仕事?定年まで続けることができる!魅力と底辺ではない理由

楽な仕事の探し方

自分がどういった『楽な仕事』につきたいか明確になったでしょうか?

ただ、どうやってそんな仕事を見つければいいのか方法をお教えします。

私がおすすめするのは転職サイトと転職エージェントを活用することです。

この二つはどう違うかというと、転職サイトというのはあなたの情報を登録後、あなたに適した求人が発生した場合に、メールで連絡が届くサービスです。

一方、転職エージェントとは、あなたの情報に応じて、転職のプロが様々な非公開求人案件や面接、試験対策、入社後のフォローをおこなってくれる超優良サービスです。

当然、どちらも無料で登録から利用できます。

おすすめ転職サイト

今転職する気がなくても今すぐ登録するべきです。
転職というのはタイミングとスピードです。
時間が経つにつれ優良な案件はどんどん無くなっていきます。

現在、景気は右肩上がりで求人も多数存在します。

しかし、景気が下がって転職を考えても、既に求人はなく手遅れなのです。

転職するなら求人がある今しかありません!

また、転職サイト/転職エージェントは無料で利用できるので、登録しておけば放置していても特に問題ありません。
転職する気になるまで、求人情報をストックしておいて、いざという時のために
すぐ動けるようにしておくことが大切です。

登録時間も約5分と簡単です。今すぐ登録しておいて損はありません。
以下のリンクから詳細を確認でき、登録までおこなえます。

求人がある今!すぐ登録することをおすすめします

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。