page contents Your SEO optimized title page contents
派遣

派遣と請負の違い!偽装請負に注意!理由と働き方の違い!

自分が派遣社員なのか請負社員なの理解しているでしょうか?

大きな生産工場等ではこの辺がごちゃごちゃにで理解できていない人も多いはず。

どっちも一緒じゃないの?と思うでしょうが取り入れています、一見この2つは似ているようで業務をおこなう上では全く違ってきます。

変化に柔軟に適応するために企業とって業務委託は必須であり、人件コストを抑えるという理由でも多くの企業が取り入れています。

やはり固定費を削減するというのは難しい課題であり、コストの中で固定費が大幅に占めていると売上時の変動でリスクは一気に跳ね上がってしまいますからね。

派遣や請負が存在する理由というのは、そういった部分にあるわけです。

それでは、派遣社員と請負社員の違いやメリットデメリットを解説していきます。

まずはそれぞれの雇用形態についてです。

派遣社員の雇用形態

派遣社員というのは、派遣会社に所属し、そこから別の会社で派遣先の指示を受けながら仕事をするという形態となっています。

ご存知の通り、非正規雇用(正社員ではない)間接雇用となっています。

また、給与形態は時給制となっており、その内容は派遣先ではなく派遣元が決めるものです。

よって、勤務先で別会社の派遣社員との収入を比較すると、そこには当然差があるという事になります。

筆者も元派遣社員で、過去にそういった経験があります。あっちの派遣が給料良いぞ!いい車に乗ってるとか様々な嫉妬や情報が飛び交っていました。

ですが、派遣同士の給料なんて大差ありませんから。そんな小さい事よりも将来どうあるべきかを考えなければなりません。

以下リンクに派遣の年収まとめています。

参考記事
派遣社員の年収はいくら?

請負社員の雇用形態

業務委託先と契約し、業務委託先会社の指揮のもとに業務をおこなう。

業務委託先の契約社員であり給与は時給制で業務委託元がその内容を決定する。

つまり、派遣社員は派遣先から直接業務をもらいながら仕事をする。
請負社員は、業務を委託元から請け負ってその仕事をするという事です。

派遣と請負は指示系統が異なる

派遣社員は派遣先から直接指示をうける。
請負社員は業務委託元から直接指示を受けるという事になります。

なので、仕事をおこなっている職場でも派遣社員や請負社員が混在化している場合もあります。実際に請負社員は派遣社員と勘違いされやすく、指示系統が守られていない場合があるのも現実です。

指示系統でトラブルもある

トラブル

請負社員と派遣社員が混在している中で同一業務行う場合は当然トラブルも堪えません。

他の派遣社員が請負社員に業務指示を出したり、派遣先が直接請負社員に業務指示を出す等で指示を受諾しないというケースもあります。

指示系統を間違えると違法(偽装請負)

正社員から請負社員へ直接指示を出すのは違法です。

偽装請負という事になります。

これは筆者も実際に経験があるのですが、元々派遣社員として派遣先で働いていて、ある日突然請負社員となりました。

今までは正社員からの指示で業務をおこなってきたため、請負になった途端に現場は混乱しました。

請負社員が指示をうけるのは請負元の責任者から受けます。

よって、業務指示を受ける場合は、正社員は請負元の責任者へ業務依頼を出してから、請負元の責任者から指示を受けるという流れとなります。

なんという非効率的な指示体型でしょうか。

請負というのは業務委託契約であって、雇用契約ではないと言う事を覚えておきましょう。

派遣と請負のメリット、デメリット

調査

派遣契約や請負契約というのは雇い主側の都合によって変わってきます。

派遣と請負を比べた場合、結論からいうと労働者にとって請負というのはデメリットが多いというのが現実です。

派遣社員のメリット
  1. 派遣法により派遣元の取り分が比較的に少ない
  2. 勤務地を自由に選べる事が多い
  3. 正社員と対等に業務ができる
  4. 効率的な業務ができる
派遣社員のデメリット
  1. 雇い止めになる可能性
  2. 給与が上がりにくい
請負社員のメリット
  1. 時給アップの交渉がしやすい

派遣で時給アップするには、派遣元を通して派遣先へ営業しなければなりません。
しかし、請負だと給料は請負元が直接支払っているわけですから当然交渉の余地はあります。

請負社員のデメリット

 

  1. 請負先の取り分が多い
  2. 勤務地を自由に選べる事が少ない
  3. 指示系統により業務が非効率的
  4. 雇い止めになる可能性

労働者にとってデメリットだらけですね。
しかし、なぜ請負契約というものが存在するのでしょうか?

請負契約がある理由

請負契約の最大のメリットは、業務を委託する側にあるのです。

請負契約は業務を丸ごと委託先へ投げる事ができ、アウトプットされた物に対してお金を払います。

また、その業務管理や人の管理や責任も全て委託する事になるため、品質不良等でクレームが来た際の責任を請負元(委託先)に問う事ができるのです。

これが派遣契約だった場合、その責任は派遣元ではなく派遣先となり、人や業務管理も全て派遣先が負う事になります。

また、人材の教育も請負先に委託するというパターンが多いです。
請負元としては、アウトプットさえ出してくれれば問題無いわけですから、人材にかけるお金と時間と労力をかけずに済むというわけです。

派遣契約と請負契約の使い分け

契約の使い分けは、全て業務委託元の都合で決定しています。

派遣契約というのは、基本的に業務のフォロー等が主な目的で使用されます。

当然その業務内容も責任のあるものではなく、失敗してもリスクが軽いものが多いです。それは穴埋め的な存在で、はっきり言うと業務単価が安い仕事を派遣を使ってこなすという事です。

請負というのは、単価の低い業務かつ複数人でおこなう業務に多いです。
また、委託元がそれなりに管理できる仕事で人件費を大幅に削減したい場合に請負契約を結びます。

派遣と請負について結論

正直言うと、この2つの雇用体系は筆者はおすすめしません。

責任を負う事無くのんびり働きたいという人向けです。

また、いつ契約を解除されるかもわからない状況で働くというのが怖いところです。

参考記事

5年経つと雇い止めになるかも

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。