Your SEO optimized title
派遣社員

派遣社員は5年経つと雇い止めになるのか?改正労働契約法より解説!

派遣契約社員として5年務めると、雇い止めになるのではないか?という心配はないでしょうか?

結論からいうと、派遣先の会社次第で雇い止めになったり無期契約となったりします。

派遣契約社員の雇用を守るために、2013年に労働契約法が改正されており、この時に5年契約に関する法律が決定されているのです。

今回は、ネット上でも様々な波紋を呼んでいる5年ルールに関して解説していきます。

本文を読んで、あなたが疑問に思っている事や不安を解決しましょう。

派遣社員の5年ルールとは

派遣社員の雇用期間に5年ルールというものが存在します。

簡単に言うと、派遣社員として毎年繰り返し契約更新をして、それが5年経つと、労働者の申し込みで無期労働契約(契約更新なしで働ける)にする義務が派遣会社に発生します。

これは『改正労働契約法』の中に存在しているルールです。

筆者も以前、派遣社員として働いていた時期がありましたが、このような法律はありませんでした。

当時はこのような法律関係にはうとかったので、大して気にした事はありませんでした。
今思うと、凄く大事なことで知っておかなければならない事です。

基本的には契約時に残りの契約期間の確認を取り交わすのですが、企業によってはおこなわない事もあるようです。

無期労働契約ができる条件

実を言うと5年間勤めていればできるというわけではありません。

  1. 5年間の契約更新があること
  2. 有期労働契約の更新を2回以上おこなっていること
  3. 契約期間内に無期労働契約の申し出をすること

上記の条件で無期労働契約ができます。
注意しておきたいのは、3番の『自分で申請する』というところです。
決して自動で無期になることはないので気をつけましょう。

有期労働契約
2012年4月有期労働契約期間対象外
2013年4月有期労働契約期間↓ 更新1回目
2014年4月契約更新2回目
2015年4月契約更新3回目
2016年4月契約更新4回目
2017年4月契約更新5回目
2018年4月無期労働契約申請可能

この改正法案は2013年より制定されたため、2013年以前(表で言えば2012年)は、有期労働契約期間対象外となります。

よって、2018年4月より無期労働契約が申請可能となり、申請された会社は断ることができなくなります。

派遣として勤めた後、5年後の勘違い

5年間契約を更新し続けてやっと無期労働契約。
しかし、この内容を勘違いしていると、後から思わぬ結果になるかもしれません。

無期労働契約は正社員ではない

無期労働契約と正社員は全く別物なのです。
無期労働契約とは、ただ現状の契約更新が無くなっただけで、正社員になれるとは限らないのです。

会社によっては無期労働契約を期に正社員登用してくれる所もあるみたいです。

ここは派遣先の会社に確認を取らなければなりません。

正社員引き抜き登用についての記事はこちらのリンクへ

参考記事

正社員引き抜きは違法なのか?

無期労働契約(無期雇用派遣)のメリット

  • 契約更新をしなくてよい。
  • 契約を切られるリスクが減る。
  • 正社員と違い、責任が軽い。
  • 年収がアップする。

メリットの中で最も注目したいのが、年収がアップするということです。

以下の表をご覧の通り、月の給与形態が時給から月給制に。
また、賞与がプラスされます。

退職金についても、一般派遣では完全にありませんが、無期雇用派遣になると、派遣会社にもよりますが可能性はゼロではなくなります。

    無期雇用派遣    一般派遣
雇用形態派遣会社と直接雇用間接雇用
給料月給時給
ボーナス有りなし
契約期間無期限期限有り
退職金可能性有りなし

こうしてみると、なかなか良いことだらけですね。

無期労働契約(無期雇用派遣)のデメリット

正社員が遠ざかる

無期雇用派遣は一見メリットだらけに見えますが、よく考えてみてください。
正社員の待遇と比較すると、大差はありませんよね。むしろまだまだ不安定な状態です。

企業は正社員で登用するよりも、人件費のかからない無期契約を優先するはずです。必然的に正社員になれる確率はゼロに近くなります。

更に、無期雇用だからといって契約を切られないというわけではありません。
一般派遣だと、契約更新の期に契約を切るということがありますが、無期雇用派遣はそのタイミングがなくなっただけで、切ろうと思えばいつだって切れるのです。

参考記事

派遣社員や契約社員についての情報まとめ!

派遣社員も失業保険を貰える

派遣社員の気になる年収

派遣と請負の違いって何?

5年ルールまとめ

一般派遣から無期労働契約(無期雇用派遣)になることはメリットがありますが、正社員と比べると断然に正社員が良い結果となります。

あなたが、正社員のように責任を負うことなく、のびのびと自分のスキルを活かして働いていきたいと考えるのであれば、無期労働契約で問題ありません。

しかし、正社員として将来キャリアアップをはかりたいと考えているのであれば、契約更新のタイミングで転職活動をおこなってみるべきです。

転職活動するなら、こちらの記事も参考までに

参考記事

中途採用転職活動を成功させる方法

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。