page contents Your SEO optimized title page contents
転職

エンジニアを目指してみよう!初心者でも一から技術を学んで転職できる!

エンジニアになりたい

自分はPCを使った仕事がしたいという方。

また、転職したいけど良い企業が見つからない、自分には何の資格もスキルも無い!という事で困っている方には『エンジニア』という職種がお勧めです。

何故かというと、エンジニアというのは専門的なスキルが必要となり、誰でもすぐにできる職業ではないということもあり、企業はそういった専門分野のスペシャリストを欲しがるのは当然で、専門知識を活かして独立も可能なのです。

でも、そんなスキル自分には無いという人が大多数だと思います。
また、一般的にエンジニアと聞くと『技術者』『専門的』『難しそう』というイメージがありますよね。

しかし、そこはあなたの努力次第です。

まずは、エンジニアとはどういう仕事内容か?というところを知る必要がありますよね。

メリット、デメリットや年収なども一緒に紹介していきます。

エンジニア(プログラマー)の仕事内容は?

エンジニアはどういった仕事内容かというと、主にWebシステムの開発やソフトウェア、アプリの開発です。

スマホやPCの普及により世の中は情報がタイムリーに飛び交い利便性の高い時代となっています。
よって、この仕事が無くなることはないし今後も急成長を遂げている業種です。

エンジニアの年収は?

ここはみなさんが1番気になるところだと思います。

何しろこういった専門職のためにスキルを身につけるわけですから、転職後に理想と違ったという事になると大変ですからね!

気になる年収ですが、ここでエンジニアにも種類があります。

大きく分けるとSE(システムエンジニア)とPG(プログラマー)の2つになります。

SE(システムエンジニア)とは

主な仕事は、クライアントから仕事を受けてからの設計書作成、納期、費用の交渉やスケジュール管理、PG(プログラマー)への業務割振りとなります。

これらの業務を遂行するには、PGの仕事内容理解しておかないといけません。

企業によってはPGの業務も並行してやるところもあります。

つまりは、PGの上位等級の業務内容といった感じですね。

PG(プログラマー)とは

プログラマーはシステムエンジニアが作成した設計書をもとにソフトウェアを作成します。

プログラミング言語を使用するので、これらのスキルは必須となります。

この2つの職種からわかるように、初心者がいきなりSEにはなれません。

つまり、初心者から経験を積んでいくにはまずPGになる必要があります。

気になる年収ですが、
PGの平均年収は約414万円です。

特に何不自由なく生活できるレベルです。

筆者はプログラマーではありませんが、転職後の年収は激下がりでしたよ(笑)

それに比べたらPGの仕事は転職後から収入に初速がついているので断然お勧めです!

PGでも年収の差はある

 


当然、就職する企業や使用するプログラミング言語のよって収入の差はあります。

幅広いプログラミング言語を使用できれば、それだけ業務の幅が広がるので収入にも影響してきます。

また、企業の規模で受注のスケールや内容の密度も変わってきます。

よって、企業の規模が大きいと年収も高い傾向にあるという事を知っておきましょう。

雇用形態でも年収に差が出る

PGでも正社員と派遣社員の雇用形態があり、企業のニーズとしても派遣社員のほうが圧倒的に高いです。

何故かというと、派遣社員は正社員に人件費を抑えれるという点があり、派遣契約となるため必要無ければクビにする事もできるからです。。

更に派遣社員は昇給やボーナス、通勤手当、退職金が無いといったデメリットがあります。

実際、正社員と派遣社員で年収にどれくらいの差がでるのでしょうか?

正社員と派遣社員年収差(PG)

そもそもPGの年収は企業の規模によって左右されます。

また、派遣社員採用となると時給換算となるので、正社員と派遣社員の年収差を明確化するのは困難です。

しかしながら、派遣社員となると年収が落ちるのは確実です。

派遣社員の募集しか求人がない

PGに限らず、企業は人件費を抑えるために派遣採用をおこなっているところが多いのが現実です。

更に言うと、未経験状態からいきなり正社員になるのは至難の業かもしれません。

では、どうすれば良いのでしょうか?

企業先で派遣から正社員への登用制度がある場合があり、就職活動の際にここを事前に調べる事をお勧めします。

派遣で入社後も正社員になれる希望はあるのです。

ただし、それはあなたがどれだけ成果を出せるかにかかっています。

希望はゼロではないのです!

未経験でスキルを身につける方法

今から専門学校に通うにしても、学資金が。。。時間が無い。。。というのが普通ですよね。

しかし、今はインターネットの社会。
学習プログラム、キャリア支援から転職活動まで支援してくれるオンラインで受講できるシステムがあるのです。

筆者がお勧めするのは【TechAcademy】

これをオススメする理由は、最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールであり、
どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができるという点。

さらに就職率も高く、なんと97%の受講生が転職に成功しています。

主な就職先は
・株式会社ニューズピックス
・チームラボ株式会社
・GMOクラウド株式会社
・株式会社リブセンス
・日本交通株式会社
・株式会社ランサーズ

こういった有名企業にも転職が可能なのです。

たまねぎ
たまねぎ
授業料だとか、費用の面で心配だよね。これで転職できなかったらと思うと。。。

月々の授業料は¥24,000〜となっていますが、転職できなければ全額返金保証があるのです!

たまねぎ
たまねぎ
万が一の時でも安心だね

まとめ

エンジニアには2種類があり、まずはプログラマーを目指す事。

スキルを身につけるには、転職支援企業に登録すると、独学より確実性が上がり、正社員が駄目でも、派遣社員から正社員になれる方法も考えてみる。

資金面の心配もあると思いますが、将来性を考えた場合、転職というのはできるだけ早くおこなっておくことをオススメします。年齢を重ねるとそれだけ不利になるからです。

詳細はこちら!
詳細ページ

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。