Your SEO optimized title
パート

パートの掛け持ちの注意点!所得税に気をつけよう!体に負担をかけずに楽に稼ぐ方法!

生活のために、1つのパートではなく複数のパートを掛け持ちしている人はたくさんいます。
ですが、正直「きついな……」と思うことありませんか?

体は1つなので、パートの掛け持ちは大変なものです。

そこで、1つのパートに集中するのと掛け持ちとどっちがいいのか?ということや楽に稼げる掛け持ちの方法をお伝えするので、参考にしてみてください。

本記事の内容
  1. パートの掛け持ちとシングルどちらがいいか?
  2. パートの掛け持ちがきつい原因
  3. 掛け持ちでも楽に稼ぐ方法
  4. 年収が上がる際の注意点

1つの仕事に集中することと掛け持ちどっちがいい?

体力的には1つのパートがいいけど、収入的には掛け持ちの方がいいような気がします。

実際、どちらにもメリットはあるので、自分の生活スタイルや考え方に合ったやり方を選ぶようにしてください。

1つの仕事に集中するメリットは、昇給や昇格を望める可能性があることとまとまった時間を得ることができるのでメリハリのある生活ができる部分です。

掛け持ちの場合、それぞれのパート先での勤務時間が短くなる可能性があるので、仕事の評価が得にくい状況になります。

また、複数のパート先を移動するわけですからその分移動の時間やスケジュール調整なども必要になるので負担に感じる人は、1つのパート先で集中的に働いた方がいいと言えます。

一方、パートを掛け持ちするメリットは、複数の職種を経験することで自分の仕事経験のスキルアップになることやそれぞれの会社で従業員特典を得られるかもしれない、という部分です。
ただ、複数パートをしていると仕事を覚えるまでにも時間がかかってしまうので、その点はデメリットだと言えます。

パートの掛け持ちがきつくなる原因

パートの掛け持ちがきついな、と思う原因のほとんどがスケジュール調整に無理があることです。

例えば、1つのパート先が繁忙期で急な残業を頼まれた場合、本当はその後もう1つのパート先に行く予定を調整しなくてはいけません。

断れば、気まずい空気にもなりますし、かといってもう1つの仕事も……となると、非常にスケジュール管理が難しいのです。

繁忙期には1つの仕事をメインに入れて、サブとしてもう1つの仕事をするというような調整が必要ですし、1つの仕事がない時にもう1つの仕事を入れたいと思っても希望通りにいくとは限りません。
なので、せっかく掛け持ちしているのに思うように収入が上がらないかもしれないのです。

また、掛け持ちをしているといろんな職種で働くことがあると思います。
その時、仕事内容が違いすぎて仕事を覚えるのに手こずったり、掛け持ちしている仕事内容がごちゃごちゃになってしまって、困惑するということもあります。

シフトを間違えてしまう、ということも多くあるので、パートを掛け持ちする場合、スケジュール調整や管理をどれだけきちんとできるのかがポイントになります。

もともと、収入を上げたい、生活を楽にしたいと思って始めた掛け持ちパートが自分を苦しめてしまうというのは本末転倒なので、自己管理はちゃんとしましょう。

掛け持ちで楽に稼ぐ方法

いろいろ不安はあるかもしれませんが、それでも収入を増やしたいとか1つのパート先では思うように稼げないと悩むと思います。
そこで、パートの掛け持ちをしてもきつくならないように楽に稼ぐ方法を覚えておきましょう。

掛け持ちをする時にとても大事なことは、メインとサブの仕事を決めることです。

そうすることによって、サブのパートはあまり自分の負担にならないような仕事を探したり、シフトに余裕がある仕事をしようと思うため、効率が良くなります。
パートの掛け持ちは、とにかく仕事選びが重要になります。

掛け持ちでおすすめの稼ぐ方法は、当然ながら時給の良い仕事を選ぶことです。
例えば、コールセンター業はかなりおすすめです。

クレーム対応やテレアポなどがイメージされると思いますが、実はそれだけではなくて通販の注文センターなど電話を受けるだけというコールセンターは非常に多く求人を出しています。

とにかくコールセンターは忙しいので、人手が足りません。

そのため、スタッフが辞めないようにかなり配慮がされていて、シフトの希望もそうですし、社内は飲み物が飲み放題など仕事に通うことが楽しくなるようなシステムになっています。

希望を聞いてくれるというのは、パートの掛け持ちをしている人にとってはかなり嬉しいですし、コールセンター業の時給はかなり高いんです。

主婦のような人生経験や常識を理解している層は、特にコールセンターに向いていますよ。

コールセンターの仕事を探してみる

もしも、電話対応などに抵抗感があるのであれば、たくさん仕事はないかもしれませんが登録制のイベントスタッフ、パソコン操作が得意であればオフィスワークも時給が高いです。

パートの掛け持ち先を決める時には、自分の得意不得意を理解してから仕事を探しましょう。
できる限り、自分の体に負担がかからないような仕事を探してください。

パートの掛け持ちは、収入にはなりますがどうしても体力的にきついなと感じることはありますよね。

それはパートの掛け持ち方法や仕事選びに失敗しているからなので、自分の体に負担をかけず時給の高いパートを探して、楽に稼ぎましょう。
コツさえつかめば、ストレスなく掛け持ちをすることができますよ。

ただ、自分の今のパート収入って少ないのでは?と思っている人も多く、不安に感じるかもしれません。
実際のパート収入の平均やもしも収入が低いと感じるのであれば、主婦が収入を上げる方法はあるのか気になりますよね。
そんな疑問にお答えしていきます。

パート収入の平均ってどれくらい?

平成29年に厚生労働省が発表した調査結果によると、パート収入の平均は「98,347円」となっていて、年収にすると118万円程度です。

ただ、この収入平均は残業や休日出勤も含まれているので、きっかりと働いているような方であればもう少し少ないといったイメージで良いと言えます。

一般会社員の場合は、収入平均が41万円なので、約39万円の違いですよね。

こんなに差があるのだからパートじゃない方がいいのかな?と思うかもしれませんが、主婦の場合はパートの方が都合が良いこともあります。

年代にもよりますが、子供がまだ小さい家庭や年齢を重ねた後の社会復帰の意味も込めて働くという主婦が増えています。

子供が小さいうちは、会社員のようにフルタイムで仕事始めるのはなかなか難しいですし、ずっと専業主婦で働いていた人が急に勤めに出るというのは難しいものです。

さらに、日本ではまだ女性が家事の主幹となっているため、女性側が働く時間を調整していることが多いです。
そうなると、パートというのは非常に働きやすいと言えます。

最近は、パート勤務を長年勤めていくと責任あるポストを任せられたり、新人の教育担当を任せられるなど、仕事のやりがいを手に入れやすくなっています。

その時に、自分の収入と仕事内容が見合っているのかを見つめ直した方がいいかもしれません。

関連記事

主婦におすすめのパート

主婦が仕事を両立させるための7つの方法!

主婦が収入を上げる方法

自分のパート収入を振り返ってみて、平均以下だったり平均的ではあるけども納得できないと感じるかもしれません。

そんな時、どうにか収入が上がらないかなぁ?と思いますよね。
主婦ができるおすすめの収入アップ方法をお伝えします!

まず、一般的にイメージできるのは資格取得ですよね。

英語やパソコンなど、いろんな資格がありますが、自分がパートで働いている職場でどのような資格が必要なのかをリサーチし、ピンポイントで資格取得の勉強をしましょう。

保育士に関する資格講座の資料請求なら【WOMORE】(ウーモア)

資格があるだけで、任せてもらえる仕事の幅も増えていきますし、時給アップのきっかけになります。

収入を上げるためには、どれだけ自分のプロモーションができるのかが鍵になるんです。

ただ、資格取得のためのお金がないとか、子育てしながらなので難しいという人もいると思います。
そのような人は、在宅で行える副業をしてみるのも1つの手です。

昔のように「副業禁止」という会社は少なくなってきているので、積極的に取り入れたい収入アップの方法です。

空き時間に少しずつやってみることができるのは、大きなメリットですし、経験がなくても受け入れてもらえるのは魅力です。

自分の行動次第で収入アップの道は開けるので、自分には何ができるかな?と家庭環境なども考慮して考えてみてください。

収入を上げすぎてもデメリットがある

パート収入を上げることはとってもステキなことです。
自分で使えるお金も増えますし、家族で旅行に行くなど使い道はいろいろです。
ただ、主婦の多くが配偶者の扶養に入っているため、◯◯の壁というものが存在します。

年収によっては、収入を上げてしまったことによってデメリットが生じる場合もあるんです。

主婦が知っている◯◯の壁で最も有名なのは、103万の壁です。

これは、パート年収が103万円以内なら、配偶者控除を最大限適用できて社会保険料の負担がなく非課税というメリットがたくさんある年収です。

次に、130万の壁があり、103万円の壁で得られていたメリットの内、配偶者控除と社会保険料の負担無しというメリットはそのままですが、課税世帯になります。

また、150万の壁までいくと、配偶者控除しか受けられなくなるんです。

所得税を収める

更に、年収が103万円を超えると所得税を納付する必要があります。195万円から段階的に税率が上がっていきます。

つまり、収入が上がれば上がるだけ、もともとあったメリットが減っていってしまうということです。

所得税の税率

所得額 税率 控除額
¥1,950,000以下 5% ¥0
¥1,950,000~¥3,300,000 10% ¥97,500
¥3,300,000~¥6,950,000 20% ¥427,500
¥6,950,000~¥9,000,000 23% ¥636,000
¥9,000,000~¥18,000,000 33% ¥1,536,000
¥18,000,000~¥40,000,000 40% ¥2,796,000
¥40,000,000~ 45% ¥4,796,000

せっかく働いて収入を上げたのに、結果的に社会保険料や所得税で取られてしまうということになればむしろマイナスになる可能性もあります。
それじゃあ意味がないですよね。

なので、おすすめなのは、見込みがあるのであれば年収160万円以上稼げるように頑張るかメリットを優先して年収130万円未満に抑えるかです。
どちらにしても、働き損にだけはならないようにしましょう。

パート収入についてのまとめ

主婦も外に出て、社会との繋がりを求められる時代になりました。
ですが、収入に関して言えばまだまだ少ないかもしれません。

収入を上げる方法はありますし、自分の頑張りが収入アップにつながるのは嬉しいですよね。
ただ、あまり収入を上げすぎてしまうと金額によっては、結果的にデメリットが上回ってしまって損をしてしまうということもあるので、注意しましょう。

働いた結果、自分達の生活が豊かになることをしっかりと考えることが大事です。

まとめ記事

パート辞めたい!主婦におすすめのパートや悩み一覧!

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。