page contents Your SEO optimized title page contents
バイト

バイトの面接で落ちる理由と基準を解説してみた!

バイトだからといって、特に何も考えずに受けて選考で落ちてしまうという例も珍しくありません。

特に接客業では、その人柄というのが最も重視され、適当に受けるというのはリスクがとても高くなってしまいます。

あなたが何故バイトを受けて落ちてしまうのか、本文を読んでしっかりと自己分析して対策を練っていきましょう。

履歴書を雑にあつかわないこと

バイトだからといって適当な履歴書を作ってはいけません。

例えば、写真を貼っていなかったり、鉛筆やフリクション(消えるボールペン)で書いていたり空欄があったり等です。

また、しわくちゃな履歴書もNG!
ファイルに入れて綺麗な状態を保ちましょう。

面接はスーツを着用すること

私服OKなところもありますが、基本的なビジネスマナーとしてはスーツ着用が当たり前です。

絶対に受かりたいのであればスーツを着ましょう。

ネクタイはシンプルなものを選んで下さい。バイトと言えどビジネスです。

オシャレは必要ありませんよ。

面接は態度も重要

態度が悪い人

 

立ち振舞いも重要です。普段過ごしているような感じで挑んでいては駄目です。
例えば、スーツを着ていても靴のかかとを踏んでいたり、明らかに横着な歩き方をしていてもNGです。

職場に態度の悪い人が入ってきたら、雰囲気も悪くなるし他の従業員へ悪い影響を与えてしまうことになります。

真面目さを全面に出せるよう日頃から歩き方等も含めて気をつけましょう。

目を合わせることが大事

目を合わせられない人

恥ずかしいからといって、目を合わせずに受け答えしていてはダメです。

バイトと言えど仕事は仕事。仕事の基本はコミュニケーションです。

下ばかり向いていてはコミュニケーションが取れない人と思われ、不合格になってしまう場合もあります。

どうしても目を合わせられないのであれば、面接官の首を見ましょう。

首を見ていれば、相手からはこちらの顔を見ている感じになりますのでこの方法はおすすめです。

言葉使いが悪いと落ちる

もうこれは当たり前ですが、タメ口は完全にNGです。例え相手が年下でも初対面でタメ口はダメですよ!

また、面接中に貧乏揺すりをする人もいるようですが、これもNG!

希望する条件との不一致

時給や勤務条件の不一致なのどが確認できた場合、不合格となります。

例えば、勤務希望日や勤務時間が合わない。希望する時給より実際に貰える金額が低い等。

会社側は応募条件を掲示しているわけですから、あなたに合わせてくれる事はまず無いと思って下さい。

これらは事前に調査できる事でもあるので、自分が希望する条件と一致した上で受けないといけませんよね。

当然ながら、希望者が多い場合は柔軟に対応できる方が優先されます。

抜けがないようしっかりと下調べをして望みましょう。

面接に遅刻する

当たり前ですが、時間を守れないということは、仕事のルールも守れないと思われて当然です。

なぜ遅刻したら不採用となるのでしょうか?といちいち説明しなくてもわかると思いますが、採用後も同じように遅刻するだろうと判断されるからです。

遅刻されると仕事が止まってしまうため、店の経営に影響してきます。

そんなリスクを背負った人を雇うところはありません。

最低限の常識なので、遅刻だけは気をつけましょう。

仮に、仕方が無い理由で遅刻する場合は、事前に電話で遅刻することを伝えておきましょう。

そして、面接会場に到着したら謝罪しましょう。

まだ常識ある人間として見てもらえるため、合格できるかもしれません。

コミュニケーションが取れない

目線もそうですが、質問に対する答えをしっかりとしないといけません。

要は会話のキャッチボールができるかできないかという事です。

コミュニケーションが取れないと、あなたという人間性がわからない上に、面接官が知りたい事を知ることができません。

ただ、本当に緊張してうまく言葉が出て来ない時もあると思います。

その緊張を回避するには、事前練習が1番効果的です。

私も面接ではありませんが、大事なプレゼンをおこなう前は、しっかり(約2時間)と練習します。

練習は、頭の中で回想するのではなく、ちゃんと声を発さないと効果が期待できません。

練習相手がいない場合でも、1人で練習できます。質問を頭の中で回想して声を発して練習するだけでも随分違います。

事前に質問される内容を予想して、受け答えができる状態で挑みましょう。

参考記事

面接の事前準備はこれで万端!

受かるためには意欲を見せよう

意欲に燃えている

 

以上の事を注意して、仕事をしたいんだという意欲をみせましょう。

意欲を見せるには、本気で受かるという気持ちがないとできません。

上辺だけの意欲だと態度に出るので、面接官には見抜かれてしまいます。

全力で自分をアピールして面接に合格しましょう!

参考記事

自分に合ったバイトを選ぶ方法

自分に合ったパートを選ぶ方法

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。