Your SEO optimized title
正社員

30代ニートが、正社員になる5つの方法!高給取りにもなれる!

ニートから脱却することはできても、正社員となるとハードルが高いイメージがあるかもしれません。
実際ニートではなくても、バイトから正社員も、正社員から正社員の転職よりも難しくなります。
尚且つ、30代であれば、20代より難しくなります。
一般的な転職でも20代よりも30代の方が難易度が上がります。

とはいえ、難しいだけで、30代でニートから正社員は無理ではありません。
「正社員になりたい」という強い意志があるなら、正社員になれます。

生活を安定させたいならば、歳を取れば取るほど、正社員かどうかは重要性を増します。
将来の為にも、正社員を目指すことは大事です。

収入で測ると、ニートは底辺

改めて言うまでもないことですが、収入という物差しで測った場合、ニートは底辺です。
30代でニートから脱却するには、自分の立ち位置を改めて理解しておいた方が良いです。
収入という物差しだけが人間を図る物差しではないので、もちろん人として劣っているという意味ではありません。単に現時点で将来の生活に不安のある状態で、尚且つそれが30代となると年齢的に切羽詰まってきているということです。
少し大げさですが、最後のチャンスが目の前にあり、掴めるかどうかがで今後の人生が決まる、という岐路にいるとも言えます。
自分の意志で、ニートから脱却しようと考えたなら、前向きな一歩を踏み出そうとしているということです。まず考えることが出来なければ就活が成功することはないのですから、就職に向けて大きく前進したと言えます。

ニートから正社員になるには業務・条件は絶対無理なもの以外を対象にする

えり好みし過ぎても仕事には就けないし、かといって、嫌々仕事をやるのでは長続きしません。
条件を含めて、とりあえず1~2年は我慢できそうかを基準に、仕事を選んで就活に励むと良いです。

ニートからいきなり好条件の仕事に就くことは現実的ではありません。非常に難しいことは理解しておきましょう。
逆の立場で自分が人事担当あれば、普通は、当然経験値の高い人を雇おうと思うでしょう。

給料が安い、休みが少ない、残業が多い、仕事がハードなど条件が良くない不人気職種や職場に一旦正社員として就職し、転職でより自分が希望する会社に就職することを目指すことがより良い将来に繋がります。

長い人生の中でどこかで我武者羅に頑張らないといけない時期はあります。それが出来るか出来ないかで、その後の人生は変わります。これは今の状況から脱却するための重要なあくまでステップに過ぎません。一時的なものです。

将来好条件で正社員の就職先を勝ち取る為には、戦略が重要

ニートから好条件の正社員を勝ち取ることはまず無理ですが、では、好条件の仕事に一生就けないかと言えば、自分の努力次第でそこは何とでもなります。悲観する必要はありません。
将来好条件の就職先を勝ち取る為には、まずは自分の理想がどういった状態なのかを決める必要があります。
目先のことではなく、最終的な目指すものを明確していきましょう。

目指理想
  • 給料は最低いくら欲しいのか。
  • どういう職業に就きたいか。
  • それはどういった仕事内容なのか。
  • 高い給料が欲しい場合は、残業をしたいかしたくないか。

将来を見据えてどういう職業に就いたら良いか、自分の得意・不得意を明確にしていきます。
簡単なことでいいので、思いついたものを紙に書いてみます。

  • 得意なこと。
  • 不得意なこと。

次に自分がやりたいこと、やりたくないことを明確にしていきます。
思いつくままに紙に書いてみます。

  • やりたいこと。
  • 絶対やりたくないこと。

得意でやりたいことが被っているとより良いですが、やりたいことが不得意なことでなければ、やりたいことを重視した職種を選んでください。

最初に就く仕事は、最終目的の仕事に少しでもプラスになる部分があるかを考えて選びましょう。
究極的には、どういう仕事であっても、最終目的の仕事に就くことは可能です。
どういった仕事でも自分が真摯に仕事に取り組んだなら、その職場で得られるものは「正社員で働いた」ということ以外にもいくらでもあります。
ただ、最終目的の仕事に辿りつくまでの時間は変わってきます。
出来るだけ、早く、そこにたどり着きたいならば、より近しい仕事を選ぶ方が良いと言えます。

より良い給料を目指す方法

500万以上の給料が欲しいなら、管理職を目指すか、または、幅広く・深い業務知識を獲得する必要があります。

30歳ニートからの正社員でも管理職になれないことはありませんが、もともと狭き門ではあり、スタートが出遅れている分、難易度は高いです。

また管理職は向き不向きがあります。人の管理を行う必要があるため、最低限コミュニケーション力は必須です。黙々と自分の仕事をこなしたいタイプには向きません。
逆にコミュニケーション力が高い、人たらしタイプは、上から可愛がられ、下からも慕われるので、管理職にも推薦される可能性はぐっと高まりますし、実際そのポジションについても能力が発揮できるでしょう。

たまみ
たまみ
もちろん仕事は出来る前提です。

深い業務知識については、普段の仕事で足りないものは資格取得での勉強や、セミナーに行くことで、補えます。幅広い知識についても、読書やセミナーで補うことも出来ますし、実際の業務として広げるならば、転職を繰り返すことをお勧めします。

実際そのように転職を繰り返してきた人が勤め先にいます。2、3年勤めれば、仕事を把握するには十分です。

昔のような終身雇用の時代ではありません。転職はごく普通のことです。

たまみ
たまみ
知人は転職のたびに給与を上げて、最終的に、「あなたの求めている給与はうちの副社長と同じです」と言われたそうです。その会社に一旦は安い給与で雇用され、一か月後に希望の給与を手にしました。

ちなみにエンジニアだと、最終的にフリーランスを選ぶことで、高給取りになれます。
知識ゼロで、働きながら学ぶこともできます。高給取りを目指したい人にはエンジニアはお勧めです。

給料を得ながら学ぶ方法もあります。
知識を身につけるのに、お金を払うどころか、お金を貰えるなんて怪しいと思うかもしれませんが、それだけエンジニアは貴重な人材だと言えます。世の中の数ある仕事の中で、自分の希少価値を高められる仕事に就くことは、高給取りを目指すなら大事になります。

勤め先と良好な関係を築いておき、辞めた後も勤め先から受注を受けつつ、他社の仕事を受け、自由な時間と高給を手にして可愛い女の子たちと出会い系を活用してデートを楽しんでいる人もいます。

男性は年齢で女性を選び、女性は年収で男性を選びます。
高い年収を得られる、フリーランスは、女性にとって魅力的です。出会い系サイトでは有利に働きます。

部署移動で希望職種に就く

希望職種のある会社の別部署に入って、部署移動で希望職種に就くことを目指すのもおすすめです。
専門知識が必要であったり経験値が薄いといきなり希望の部署に就くのは難しい場合があります。一旦別部署に入ることで希望職種に就ける可能性も高まります。

たまみ
たまみ
わたしの同僚は、希望部署の上司と適宜コミュニケーションを取って、どうしたら部署移動可能か相談し、最終的には求められた資格を取って部署移動しました。
新たま
新たま
自分を取ればどういうメリットがあるか伝えられるといいね。
たまねぎ
たまねぎ
自分の得意なことを希望部署の仕事と上手く絡めて、アピールするといい。

正社員になった後のステップアップ転職を有利に進めるために気を付けたいこと

自分の希望する会社を目指して転職したいなら、就職した会社で何を得て、どういう成果が上げるかも大事です。

まずは正社員で働いたという実績を得ることが大事ですが、就職した会社で得られるものは全部吸収するつもりで仕事に取り組みましょう。

また、仕事に対する取り組みの姿勢、他部署との連携、仕事を円滑にするための心構え、課題解決の意識、PDCA、こういったことを普段から意識しながら、仕事に取り組んでおくことで、転職の際にいくつものアピールポイントがつくられます。

仮に元居た職場での仕事と180°違う職を希望したとしても、上記のようなアピールポイントをきちんと伝えることで、転職先の会社にとってもプラスになる人材と感じてもらえます。

最短で希望職種に辿りつくには派遣社員⇒正社員を狙う

一般事務は就職倍率も高く、いきなり正社員を狙うのは厳しいです。そういった職種に最短でたどり着くには、派遣社員を経由する方法をお勧めします。
派遣社員として、経験値を積んだのち、正社員での就職を狙います。
派遣社員で働く際に、日々の作業に慣れ、これ以上ここでは仕事内容的に経験値を積めないと感じたら、派遣先をいくつか変更することで、効率よく経験値を積むことができます。

派遣社員で経験値が詰める職種であれば、一旦派遣社員として働く方が、ストレスなく、職種の経験値を積めます。

希望職種に必要な資格を取る

人事・総務・経理・法務の仕事に就きたいと考えているなら、資格取得が有効です。経験値不足を資格で補うという面と、法律により義務付けられた資格によって自分を採る価値を高める意図があります。

おすすめの資格

・給与計算実務能力検定
人事労務業務における実務のプロフェッショナルとなれる資格です。
人事希望の場合は、この資格が有効に働きます。また、一般事務希望であっても、関連資格ですので、有効です。
2級の合格率は60-82%と高く取得しやすい資格です。1級でも27-65%です。

・衛生管理者
労働安全衛生法で、常時50人以上が勤務する事業場は衛生管理者を1名以上設置することが義務付けられています。
現在は衛生管理者の人数が不足していて、設置義務を果たせていない企業も多い為、就職に有効な資格といえます。

・ビジネス実務法務検定試験
実践的な法律知識を身につけられる資格です。リスクを回避するためのコンプライアンス能力を身につけます。
会社規模が大きくなると、コンプライアンスが重要になります。
法務に就職したいなら、この資格が有効ですし、一般事務でも有効なスキルです。

・日商簿記検定
経理・財務系の資格の中でも有名な資格で、財務諸表を読む力や、企業の経営管理の基礎知識を身につけることができます。
企業の現場で使える技能としては2級が良いといわれています。

30代ニートが、就活で正社員になる為のまとめ

いきなり良い仕事につくことは難しいですが、転職というステップによって、より良い条件の仕事に就くことが可能になります。まずは、甘めの条件で、とにかく正社員として働いた実績を作りましょう。
目指す職種によって、または、正社員よりも自分がやりたい仕事を重視するなら、一旦派遣社員で仕事の実績をつくる方が良い場合もあります。
最終的に自分の希望の条件の良い仕事に就く為にも、しっかりと戦略を立てて、どういう仕事に就くか考えていきましょう。

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。