Your SEO optimized title
転職

30代でフリーター?フリーターは20代で卒業しないとヤバイ!

もうすぐ30歳。あなたは正社員?それともフリーター?

たまねぎ
たまねぎ
こんにちは!管理人のたまねぎです。
フリーター君
フリーター君
もう20代後半ですが、この先フリーターでいるとヤバイんですか?
たまねぎ
たまねぎ
まだギリギリ間に合いますが、このまま続けるのはオススメできませんね。どれだけヤバイか見てみましょう。

まだフリーターでもいいと思っていますか?




世の中のフリーターの割合は何%なのでしょう?

総務省は、継続的に労働力調査というものを行っています。雇用者の数だけでなく、正規雇用や非正規雇用の人数も把握していますし、年齢別のデータも公表されています。

2015年のデータによると、非正規雇用の職員・従業員は1,980万人で、正規雇用を含めた全体の雇用者数5,284万人に対して約37.5%を占めているとの結果でした。

非正規雇用者の内訳としては、パート・アルバイトが1,365万人、派遣社員126万人、契約社員が287万人などとなっています。

つまり、何らかの形で働いている人のうち、パート・アルバイトという雇用形態で働いている人は、全体の約25.8%、約4人に1人ということになります。

中には自主的にアルバイト等の雇用形態を選んでいる人もいますが、正規雇用になりたいと思っても、なかなか実現できず、フリーターを続けている人も多数含まれています。

参照元:「労働力調査平成27年平均結果」http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/ft/

何故、正社員ではなくフリーターをやっているのでしょうか?

人それぞれ経緯はあると思いますが、以下にあてはまる方がほとんどではないでしょうか?

・高校卒業後 就職活動に失敗
・就職活動失敗後、ダラダラと続けている
・就職活動中、その場しのぎでやっている
・フリーターが意外と稼げる
・仕事の責任という点で、フリーターが楽
・フリーターから正社員を狙っている
・とりあえず生活に困っていない
・時間の自由が利く
・今のフリーター業に充実感を感じている
・実家住まいで家賃いらず。困っていない。

筆者はこれまでに、工場の現場の管理者として多くのアルバイトの方と接する機会がありました。

上記項目は、そのときに実際に聞いたものです。

その中で一番多かったのが、現状の収入で満足し正社員にならなければならないという危機感に欠けた人達が1番多かったです。

他にもインターネット掲示板には以下のような書き込みもあります。

30代で独身でバイトってそんなにヤバイんですか?

世の中の風潮では、男女問わず30代(以降)で独身でバイト(パート)って相当ヤバイ、みたいな流れですよね。

でもふと思ったんです

けど、
もし一生バイトで独身だとしても一人食べていくくらいはできますし、
正社員でもこの先何が起こるか分からないし、
退職金が有っても事故でも起こせば賠償金で無くなるし、
結婚してても離婚すれば同じだし、
離婚しなくても不仲な家族は沢山あるし、、、

って色々考えると、
必ずしも独身が悪い、バイトが悪いだなんて事はないんじゃないかって思いました。

もちろんそれなりに窮屈な事もあるでしょうし金に困る事もあるでしょうが、
人生って平等なんだなって出来事を色んな人で目の当たりにしてきて、
人に迷惑かけなければ自分の思うように生きていいなと思いました。

引用:yahoo知恵袋

昔は、「会社に入って正社員として定年まで働いて、その退職後はおとなしく老後を過ごす」というのが模範的な生き方・働き方だ、という考えが日本にはありましたよね。その名残なんじゃないでしょうか。

もちろん、今のご時世で本気でそう思っている人はもはやかなりの少数派でしょう。

というよりも、もはや「正社員」とか「フリーター」という言葉すら死語になりつつある気がします。

むしろ、「社畜」という言葉があるように、本人としたら世間体や安定を求めて正社員になって、そこでの仕事の充実度や楽しさを度外視して、とにかくその体裁を保つことに必死になっている人もいれば、世間からは「フリーター」と呼ばれていながら、十分な収入と自由時間があり、仕事とは別に趣味に打ち込んだりわ副業の知識やスキルや経験を増やしたりして、楽しさだけでなく収入源をほかにも発掘して、自分らしく楽しんで生活している人もいます。

もちろん、幸せで充実した、正社員の人もいるでしょうし、奴隷のように 働いているアルバイトの人もいるでしょう。

何が言いたいのかというと、これからの時代は、肩書きやポジション名よりも、本人の人間力のほうがものを言うようになる、ということです。正社員だろうとアルバイトだろうと、本人の人間としての力次第で、自由に生活・人生スタイルを選べる、そんな(選択肢の)豊かな時代になってきているのです。

正社員だからどうとか、アルバイトだからどうとか、そんなことをいちいち言ったり言われたりすることを気にかけるのはもう時代遅れになってきているので、気にしなくていいのです。

引用:yahoo知恵袋

確かに、他人や家族に迷惑をかけなければそれで良いと思いますが、フリーター全員がこのような『フリーターで充実した生活』を送ることができるのか?というところです。

フリーターで充実した生活をできる人ってどんな人?

筆者が思うに、そうそういないと思います。

なぜかというと、フリーターで充実した生活をおくるには、本人のスキルが問われるからです。

例えば、フリーターでも『薬剤師免許』を所持していれば、ドラッグストア関連で高時給で雇ってもらうことが可能です。

■時給2000円×8時間×20日=月給320000円

コンビニでバイトの場合

■時給900円×8時間×20日=月給144000円

一月フルで働いたとして、これだけの差が出るのです。

当然、後者の場合掛け持ちも視野に入れなければなりません。

何かしらの資格や優れたスキルの持ち主であればフリーターでもやっていけるでしょうが、何もなければバイトを掛け持ちして、睡眠時間や自由時間を削りながらの生活を余儀なくされないという事です。

これはあくまで20代だからやっていける事であって、30代になると一気にそのシワ寄せがやってきます。

住宅ローンが組めない





一時期、『フリーターが家を買う』というドラマがありましたが、あれは少し無理があると思います。

住宅ローンの融資は、その人の信用度が重要になってきます。

当然のことながら、フリーターは収入が安定していないため、融資の審査も厳しくなるでしょう。

フリーター君
フリーター君
でも、フリーター向けの住宅ローンがあるって聞いたことありますよ

そうですね。しかしながら融資金額もそれなりの額となり、満足できる家が建てれるかといえば、そうでないのが現実です。

社会的地位/世間体への影響


 

何か書類の職業欄に『会社員』と書けないコンプレックスを持っている方はいないでしょうか?

また、将来結婚して子供ができた際、『お父さんの仕事は何?』と聞かれたとき何と答えますか?

まずは派遣でもいいので正社員への1歩を踏み出すべき

フリーターからいきなり正社員になれないわけではありませんが、知識やスキルが無い場合は厳しい現実が待っています。

また、正社員にすぐなれたとしてもブラックの可能性も高いです。

フリーター君
フリーター君
じゃあどうすれば?

派遣社員としてスキルを磨き、正社員へ登用される道もあります。

1番の近道は、工場勤務の製造業をオススメします。

まとめ

生涯独身を貫き通すのであれば、フリーターも良いでしょう。

しかし、結婚や子供を考えているのであれば正社員にならないと、家族へ不憫な思いをさせることは確実です。

これを気に、正社員への道を1歩踏み出してはどうでしょうか?

ABOUT ME
tama
会社員、管理職。転職や業務経験を活かし、ビジネス関連情報発信していきます。