Your SEO optimized title
転職

会社を辞めたい20代のキャリアプランの考え方

  • 社会人になって5年か~そろそろ次の職さがそうかな?
  • 今の仕事が辛すぎて、どうすればいいかわからない。
  • 転職先でも同じ目に合いそうだ。。。

仕事を続けていれば、誰にでもそう思うことがあるはずです。

筆者も28歳の時に初めての転職を経験しています。

ちなみに、転職することのメリットって何だと思います。

少しまとめてみました。

転職のメリット
  • スキルアップできる
  • 人生経験が豊かになる
  • 様々な人とのつながりができる

他にも収入がアップできるとか色々ありますが、基本的には上記3つだと考えています。

転職の理由は人それぞれですが、大きな分類にすると以下のようになるのではないでしょうか?

  1. 何となくつまらないから転職したい
  2. 自分に合った仕事を見つけたい
  3. 今の仕事が本当に辛いから転職したい
  4. 将来のキャリアアップに向けて転職したい

他にもあるかもしれませんが、私の経験上この4つに分類できますね。

そして、将来ダメになるパターンの分類があります。

それは、①何となくつまらないから転職したい

②自分に合った仕事を見つけたい

この2つがただの転職ダメ野郎になってしまうパターンですね。

ここで言う「転職ダメ野郎」というのは、無駄に転職を繰り返す人の事を指しています。

いやほんと、何目的で転職してるの?と言いたくなるほど転職を繰り返す人っています。

もうクセなんでしょうね。

この記事でわかること
  1. 辛くて辞めたいと思ったら転職を考えるべき
  2. 20代で転職したいと思ったときの心構え
  3. 転職を決意した時のキャリアプランの考え方
  4. 筆者が転職して体験したこと
  5. 20代で効率よく転職する方法

 

ただ転職と言っても、転職する本人にとっては人生においての一大事です。

初めての転職であればなおさらです。

不安になる人がほとんどでしょう。

ということで、私の経験を元に、20代転職の考え方を少し紹介してみます。

辛くて会社を辞めたいと思ったら転職を考えるべき

仕事が辛いというのは、誰もが経験することです。

そんな時はすぐに転職を考えるべきです。

現状の辛い状況をどう打開できるのでしょうか?

要因は様々でしょうが、今の会社にいる限り解決できてもまた同じ問題で悩んでしましますよ。

今の会社を辞めたいと思うのは何も悪くないし、辞めたいと思った時点で結論は出ているはずです。

実際、20代の転職なんて「当たり前」のことなんです。悩む必要はありません。

辞めたいと思うのは何も悪くない

今の会社を辞めたいと思うのは、理由がどうであれ何も悪くありません。

自分が辞めたいと思う環境なんだから仕方ない。

仕事って基本的には辛いことです。

楽しい仕事なんて、ほとんど無いと思ってていいです。

だから辞めたいと思うことは自然なことなんです。

今の会社が無理と思った時点で結論は出ている

無理だと思った時点であなたは転職をするべきです。

無理に会社に自分を合わせようとしても、将来ただの社畜になってしまうだけです。

これは洗脳にも似た現象で、特にブラック企業では多くの社員がそう思い込まされています。

社蓄になってしまうと、一生転職することはできません。

だから、決断は素早くするべきです。

今の会社辞めても20代なら何とかなる理論

ぶっちゃけると、20代で転職なんて普通のことです。

転職して失敗したからといって、人生どん底に落ちるわけではありません。

20代なら何度でもやり直しはききます。

今の会社を辞めたいと思ったら、チャレンジ精神を持ってガンガン転職するべきです。

それが将来あなたの知識や経験として活きてくることになるでしょう。

あなたが今の会社を辞めたいと思っても転職を決意できない理由

あなたが今の会社を辞めたいと思っても転職できない理由は、特別な事情を除き「転職先の不安」ではないでしょうか。

私も20代で転職を経験していますが、正直不安でした。

でも、不安という気持ちはただ自分を消耗するだけなんです。

不安を払拭するのは正直難しいですが、もっと気楽に考えてもいいんです。

自分が現在の環境から抜け出して、将来どうなりたいかを考えれば自然と行動に移せるはずです。

まとめ
  • 辞めたいと思うことは自然なこと
  • 辞めたいと思った時点で転職を決意している
  • 20代ならなんとかなる
  • 将来のビジョンを考えると行動できる

 

20代で転職したいと思った時の心構え

転職するといっても、何も考えずに思考停止状態で転職しても、その転職に何の意味すらありません。

それなりに、これまでの社会人人生とこれから先の事を少しでも考える必要があります。

例えば、初めての海外旅行でうまく英語がしゃべれず、楽しむことができなかったとします。

次、海外旅行に行く時は英語を勉強してから行きますよね?

要は、過去の経験を振り返ってこれから先にどう活かしていくかを考えることが重要なんです。これが心構えです。

過去の振り返り|スキルアップできてる?

人間って仕事上成長していく上で、成功体験だけではスキルアップできません。

成長するためには失敗体験をたくさんしないといけません。

イメージ的には、失敗体験で経験値をためて、成功体験でレベルアップみたいな感じです。

転職する際も、過去の失敗体験を一度振り返ってみましょう。

失敗体験をしていなければ、仕事から逃げているだけです。

そのような状態で転職しても何も変わりません。転職は考え直しましょう。

少し視野を広げてみるのもあり

視野を広げるということは、20代だからこそできることでもあります。

30~40代になると、何かとリスクが高くなって動けないんですよね。

だからこそ、現状の枠だけにとらわれず、何か新たなことに挑戦してみるのもおもしろいと思います。

私はこれができなかったので少し後悔しています。

次の職はどんな職業につくか考える

視野を広げると、様々な職業が出てきますよね。

20代なんで、やりたいことやってダメだったら次やればいいという感覚でいいと思います。

結婚して家庭を持っているなら話は別ですが。

基本的には自由に動け!です。

もし転職できなかった場合の期間の事も考える

もし転職できなかった場合の事も考えて、最低でも半年分くらい生活できる貯蓄をしておくことをおすすめします。

思い切って会社やめたけど、転職できずにニート状態に陥ってしまう人を何人も見てきました。

中には、家も新築で建てて、子供も数人いる人もいました。

昨今の転職事情はそこまで悪くはありません。転職案件が全く見つからないということはないでしょう。

しかし、あなたが合格できるかどうかは別です。

あなたがどれだけ仕事ができて、誰もが羨むスキルを持っていたとしても、会社との相性が悪ければ簡単に落とされます。

仕事ができるできないに関わらず、転職をなめてはいけません。

半年間生活できるくらいの貯蓄を備えておきましょう。

心構え
  • 過去を振り返る
  • 視野を広げる
  • 次の職を考える
  • 転職できなかった期間のことも考える

20代で転職を決意した後のキャリアプランの考え方

結論から言うと、20代でキャリアプランなんて大した意味を持ちません。

理由は以下に解説しますが、全く持って無意味かと思います。

20代のキャリアプランというのは、ただの足かせにしかならないと私は考えますね。

キャリアプランなんて直近2~3年プランで十分|キャリアプランが大して必要ない理由

20代のうちに、30代40代のキャリアプランを考えることが必要!とかかっこいい事言う人がいますが、実際にキャリアプラン通りに道を進んでいる人って全体の何割くらいでしょうか?

たしかにキャリアプランを考えることは大事です。否定しているわけではありません。

ただ、そんな何十年も先の事誰にもわからないんだから、今考えても一緒でしょ!と言いたいんです。

仮に長期的なキャリアプランを立てたとしても、次の日会社をクビになったら一発でプランが崩れ落ちます。

また、そんな先の事にエネルギーを注いでも、力は分散されるばかりです。

だから、まずは今現在の目先の事に全力を注ぐ!これが大事だと思うんです。

長くても2~3年先のボヤっとしたプランで十分です。

よく「キャリアプランは明確にすることが大事」みたいなこと言われていますが、そんな未来の事なんてわからないよ!というのが正直な意見ですね。

明確にするのは、今現在進行していることのほうが大事です。

20代で転職する時の注意点

私の経験を元に、20代転職の注意点を何点か挙げてみたいと思います。

大きく分けると2点あります。

1つは、ただ無意味に転職を繰り返す人にならないこと。

2つ目は、活発に行動するということです。

体験談:とにかくただの転職野郎にならないこと

目的を明確にした転職を意識すること!

無意味な転職ほど労力の無駄というか、人生においての無駄となってしまいます。

自分に合った仕事を見つけるために転職をしている。⇒良いとおもいます。

ただ、それができている人は稀です。

ほとんどが無意味な転職を繰り返していると思います。

体験談

もう何十回も転職している人で、そこそこ仕事も頑張っている人が突然辞めると言い出しました。その人に質問したことがあります。「なぜ転職を繰り返すんですか?子供もいるのに何でそんなバイト感覚で仕事ができるのか?」と質問しました。

その人は年上だったのですが、こんな生意気な質問にちゃんと答えてくれました。

答えは「ここにいても何も変わらない」でした。

正直言って、その職場の評価制度は実力主義であって、頑張って成果を出せば正当に評価してくれてキャリアアップできるチャンスはある職場なんです。

なのに「何も変わらない」と言われて理解に苦しみました。

で、自分なりに解釈したのですが、「何も変わらない」のではなく、その人が「何も変われない」ということなんだなと。

その何も変われない原因は私にもわかりません。

ただ転職を繰り返して、その都度新しい刺激を受けて、何となく自分の中で満足してしまっているのではないかと推測します。

その人は40歳で現在も居酒屋でバイトしています。

家庭持ち、、、40歳、、、多分子供は受験、、、

こうならないように、勘違いした転職野郎にならないようにして下さいね。

体験談:20代はとにかく活発に動くこと

20代は今思えば活発に動くことができますね。

30代を過ぎてくると、気持ちの面で何かこう体にオモリが乗ったような感じになるんです。

私は、それでも頑張って現在は副業でブログやアフィリエイトをやっています。

20代のうちにやっておけばよかったと後悔しています。

それと、時間は有限です。

30代後半になって思うことは、お金より時間が大切ということです。

時間の流れがとにかく速い!と感じます。

20代のうちから、限りある時間を有効的に効率的に使用しましょう。

体験談:20代で転職した理由と実感したこと

私が転職した理由は、キャリアアップのためです。

とにかく出世したかったんですよ。

人よりもお金もらって偉そうにしたいという単純な考えでした。

まず、転職する際に考えた事は、人を沢山従えるには人数が多い会社に入ることが必須だと考えました。

次に、出世するには経験もそうですが、それなりの業務スキルが必要なので自己研鑽に励みました。

その期間は約2年間でした。

狙っていた大手企業の求人が出た瞬間飛びつきましたね。

結果は一発合格でした。

ここで実感したことは、転職する際には目的を明確にすることが必要ということでした。

特に失敗していないので、少し信憑性に欠ける部分もあるのですが、、、

キャリアプランはぼやっと、目的は明確にする必要があります。

ちなみにキャリアプランと目的は違います。混同しないでくださいね。

目的というのは、もっと根本的なところです。以下にイメージしています。

現在の実行⇒キャリアプラン⇒目的

これが「たまねぎ式転職メソッド」の一つです。

20代で転職する方法

転職支援サイトを活用するのが一番効率的です。

自分で探すのは時間の無駄が多いです。

転職活動を自分で頑張ったからといって、次の仕事には何の役にも立ちません。

転職活動期間というのは、人生において何の付加価値も生まない時間と私は考えています。

だから、自分で探すより手っ取り早く転職支援サイトを活用して、転職案件を見つけてもらうのがいいのです。

また、サポートがあるから何倍も成功率が上がります。

しかも無料で利用できるので、活用しない理由がありません。

ということで、私がおすすめする20代の転職支援サービスがこちらになります。

まずは無料で相談!【キャリアスタート】

20代のうちは、とにかく効率重視で動いたほうが良いです。

何かを待つ時間は非常にもったいないです。

とにかく動いてみてから考える!という思考で問題ありません。

20代におすすめの転職エージェントは沢山ある|とりあえず無料だから現在の会社に新卒で入社して3年。ぼちぼち周りが転職活動をやり始めたころではないでしょうか? 転職するなら何歳までがいいの? ...
楽な仕事で給料が高い仕事28種類!【辛くなったらこの職業やってみよう!】楽な仕事につきたい。休みが多い仕事をしたい!でも収入はできるだけ落としたくない!そんな贅沢なあなたにおすすめする職業を紹介します。...